So-net無料ブログ作成

「フィールド・オブ・ドリームス」原作者W・P・キンセラが安楽死 [文芸]

 映画「フィールド・オブ・ドリームス」の原作「シューレス・ジョー」を書いたカナダの作家ウィリアム・パトリック・キンセラが、ブリティッシュコロンビア州ホープの自宅で9月16日に安楽死した。81歳だった。彼は長年、糖尿病に苦しんでいたという。
 キンセラは、1935年エドモントンで生まれた。10歳までアルバータ州ダーウェルの農家で育てられ、5年生まで学校に通わず、通信課程を取り家で母親に教育された。彼は学校で文学を学ばなかったし、35歳まで大学に入らなかった。高校卒業後は興信所やアルバータの地方公務員、ビクトリアに移ってからはピザ屋やタクシー運転手として働いた。
 1970年ビクトリア大学に入り、文学を学ぶ。1978年にはアイオワ大学に入り、修士号を得た。その後は作家になるまで、カルガリー大学で教鞭を取った。
 彼が1982年に出版した最初の小説「シューレス・ジョー」は、農民が不思議な声に導かれ野球場を建設すると、シューレス・ジョーらがやって来る物語である。1989年「フィールド・オブ・ドリームス」のタイトルで映画されると、アメリカではアカデミー賞作品賞にノミネートされ、日本では日本アカデミー賞最優秀外国語作品賞を受賞した。
 キンセラは1997年、交通事故で頭部を負傷し、味覚と嗅覚を失った。物事に集中することができなくなり、その後14年間は小説を書くことはなかった。

「赤毛のアン」のギルバート役ジョナサン・クロンビー死去 [文芸]

jonathan-crombie-gilbert-blythe.jpg

 映画「赤毛のアン」シリーズでギルバート・ブライス役を演じたジョナサン・クロンビー氏が、4月15日に脳内出血のため死去したと、遺族が18日に公表した。享年48歳。
 クロンビー氏は1966年、トロントに生まれた。彼の父デビッド・クロンビー氏は元トロント市長で、クラーク内閣の厚生大臣も務めている。
 ジョナサン・クロンビー氏は俳優となり、1985年の「赤毛のアン」、1987年の「続・赤毛のアン/アンの青春」、2000年の「赤毛のアン/アンの結婚」のアン・シリーズ3作全てに出演した。彼はしばしば役名で「ギル」と呼ばれたが、嫌な顔一つせずファンに応えていた。妹のキャリー・クロンビーさんは「弟は、ギルバート・ブライスであることを心から誇りに思っていた。弟は心底、アン・シリーズを楽しんでいたと思う」と述懐した。
 映画では彼と結婚したアン・シャーリー役のミーガン・フォローズさんは、彼の早すぎる死について「大きなショックを受けている」と語った。
 遺族は、彼の臓器が提供されたと公表した。


写真:映画「赤毛のアン」で、アン(左)の赤毛をからかうギルバート(右)。

作家のアリステア・マクラウドが死去 [文芸]

 カナダを代表する作家アリステア・マクラウドが、4月20日に死去した。77歳だった。
 マクラウドは、スコッチ系カナダ人としてサスカチェワン州ノース・バトルフォードに生まれ、10歳のときノバスコシア州ケープ・ブレトン島のインバネス郡に移住した。セント・フランシス・ゼイビア大学で学士号、ニューブランズウィック大学で修士号、ノートルダム大学で博士号を取得し、オンタリオ州のウィンザー大学で英文学を40年間教えた。
 彼は夏には必ずインバネス郡に戻り、故郷ノバスコシアをテーマにした短編小説を書いた。1999年に発表した唯一の長編小説“No Great Mischief”(邦題「彼方なる歌に耳を澄ませよ」)がカナダで大ベストセラーとなり、国際IMPACダブリン文学賞を受賞。ニンバス社の「大西洋カナダで最も偉大な本100冊」において、第1位に選ばれた(2位はモンゴメリ著「赤毛のアン」)。

ノーベル文学賞にアリス・マンロー [文芸]

231431740.jpg スウェーデン王立アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞をカナダのアリス・マンロー氏(82歳)に授与すると発表した。彼女は、イギリスのブックメーカーの予想では2番目に有力な候補とされていた。最有力候補とされた村上春樹氏は、選に漏れた。
 マンロー氏は1931年オンタリオ州ウィンガムに生まれ、ウェスタンオンタリオ大学在学中から創作を始めた。大学中退後、図書館勤務や書店経営を経て、1968年に初の短編集が「総督文学賞」を受賞し「短編小説の女王」「チェーホフの後継者」と評される。2013年6月には「エネルギーがなくなった。もう書くことはないと思う」と述べ、作家活動からの引退を表明していた。
 彼女は同賞を受賞する13人目の女性であり、カナダ国籍では最初となる。なお1976年に同賞を受賞したアメリカのソウル・ベロー氏は、ケベック州ラシーヌに生まれている。

2014年春の朝ドラ、村岡花子の生涯「花子とアン」に [文芸]

96958A9C93819695E0E7E2E1848DE0E7E2E4E0E2E3E19180EAE2E2E2-DSXBZO5660910025062013I00001-PB1-3.jpg NHKは6月25日、2014年3月31日から放送する朝の連続テレビ小説が、カナダの作家、モンゴメリの小説「赤毛のアン」を翻訳した村岡花子の半生を描く「花子とアン」に決まったと発表した。ヒロインの花子を吉高由里子さん(24)が演じる。
 脚本はドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」などを手がけた中園ミホさん(53)が担当する。原案は村岡さんの孫の村岡恵理さんがつづった「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」。
 明治時代の山梨に生まれた花子は東京の女学校で欧米文学と出合い、故郷での教師生活をへて翻訳家への道を進む。関東大震災や戦争を乗り越え、終戦後に「赤毛のアン」の翻訳を完成させるまでの苦難や恋、人々との交流が描かれる。
 吉高さんは記者会見で「花子はとてもハングリーな性格なので、自分も役に対してハングリーになりたい」と意気込んでいた。

【物語】
 太平洋戦争中。50歳になる花子は、空襲警報が鳴る中、カナダの女性作家・モンゴメリが書いた小説「アン・オブ・グリン・ゲイブルズ」の翻訳に打ち込んでいた。出版のあてもないまま翻訳を続けるうち、花子はいつしか、主人公の少女・アンに、自分の歩んできた人生を重ね合わせる。10歳で親元を離れたときの心細さ。生涯の友との出会いと幸福な日々。花子はそれらをあざやかに思い出すのだった…。
 山梨の貧しい家に生まれた花子は、明治36年、10歳のとき、花子にだけは高等教育を受けさせたいという父の強い希望で、東京のミッション系の女学校に編入し、寄宿舎で生活を始める。「いいか、華族の娘なんかに負けるな。」華族や富豪の娘たちが学ぶ女学校の雰囲気になじめない花子。教師たちの話す英語も全く理解できず、先輩や同級生たちの話す言葉にもカルチャーショックを受けるが、家庭をかえりみない父に代わって母や弟妹の生活を支えるため、しっかり勉強して身を立てることを心に決める。
 欧米文学との出会い。淡い初恋。そして生涯の友との友情を育んだ女学校での10年間は、花子にとってかけがえのない青春時代となった。卒業後、花子は教師として故郷・山梨に赴任。生徒たちを教えながら書いた本が出版されたのをきっかけに東京へ戻り、出版社で働き始める。時代は大正から昭和へ。許されぬ恋に苦しみ、やがて結婚した花子は、関東大震災や戦争を乗りこえ、翻訳家という夢を実現させていく。戦争中、危険をかえりみず翻訳を続けた「アン・オブ・グリン・ゲイブルズ」が「赤毛のアン」として結実するのは、終戦から7年後のことだった。

 なお邦題の『赤毛のアン』は、村岡花子が初邦訳を手掛けた時に付けられたもの。当初村岡は『窓辺に倚る少女』という題を考えていたが、刊行する三笠書房の編集者が『赤毛のアン』いう題を提案し、当時の社長の竹内道之助が花子にこれを伝えた。花子はこれを一旦断るが、これを聞いた花子の当時二十歳になる娘のみどりが『赤毛のアン』という題に賛同し、これを強く推した。このため花子は、みどりのような若い読者層の感覚に任せることにし、『赤毛のアン』という邦題を決定したという。


写真:ヒロインの吉高由里子(左)と脚本の中園ミホ(右)。

ジャーナリストで作家のラピエール死去 [文芸]

 ジャーナリスト・作家で元上院議員のローリエ・ラピエールが、12月17日に死去した。
 ケベック州ラック・メガンティックに生まれ、セント・マイケルズ大学とトロント大学で歴史学を学ぶ。CBCキャスターとして注目を浴びるが、無実の罪で14歳で死刑判決を受けたスティーブン・トラスコットの母へのインタビューの最中に涙を流し、プロらしくないという理由で降板させられた。
 その後は歴史学の執筆に専念し、“Quebec: A Tale of Love”“Sir Wilfrid Laurier and the Romance of Canada”“1759: The Battle for Canada”などを上梓している。
 1968年下院選に、新民主党の目玉候補として出馬するが落選。2001年、自由党の上院議員に指名された。
 80年代にゲイであることを告白し、その後は同性愛者の権利やヘイトクライムの法制化に尽力した。

世界初の「ビートルズ学」修士にカナダ人女性 [文芸]

e77a48ab4437813b5043fafb1dec.jpg

 カナダ人女性が1月26日、イギリスのリバプール・ホープ大学で、世界初となる「ビートルズ学・ポピュラー音楽と社会」の修士号を取得した。この女性はオンタリオ州オークビル出身のメアリー=ルー・ザハラン=ケネディ(55歳)さん。
 彼女が修士号を手にするまでには、「長く曲がりくねった道」があった。彼女はリバプール・ホープ大学に入る前は、オークビルにあるシェリダン工科大学で音楽を教えていた。歌手としてすでに3枚のCDを出し、1983年にはカナダで最も権威ある音楽賞であるジュノー賞にノミネートされている(この年の受賞者はリディア・テイラー)。また1976年には、準ミス・カナダにも選ばれている。
 オンタリオ州は、大学の教員に大学院修了程度の学歴を必要とする制度改正を行った。ザハラン=ケネディさんが新聞で「ビートルズ学」の募集要項を目にしたのは、そんなときのことだった。
 マイク・ブロッケン教授は、ビートルズ学の講座を始めるにあたりこう述べていた。
「これまでビートルズに関する著書は8000以上あったが、アカデミックな研究書は存在しなかった。ビートルズは音楽だけでなく、ファッションなどにも影響を与えている。解散から40年、今こそビートルズ学を研究する適切な時期である。」
 ただし、受講するにはリバプールに在住することが要件となっていた。かつて港町として栄えたリバプールは、人口がビートルズ時代の100万人から45万人に激減しており、移住者誘致の側面もあったのだろうか。彼女は夫と娘たちをカナダに残し、2009年9月にリバプールに単身転居した。
 修士論文のタイトルは、「ポストコロニアル・カルチャー資本-カナダにおけるビートルズの早期浸透とマーケティングの関係」である。ザハラン=ケネディさんは、こう説明する。
「私たちは非常に多岐にわたりイギリス文化の影響を受けており、それがアメリカより1年早くビートルズがカナダで受け入れられた理由です。私たちは今も女王が描かれた紙幣を用い、私たちの郵便受けはイギリスのものにそっくりだという事実に突き当たるのです。」
 彼女は、世界初のビートルズ学修士となった心境について、次のように語った。
「どんなことであれ、世界初となることは素晴らしいものです。友人たちの多少の援助もあり(With a little help from my friends)、人生最高の日々を過ごすことができました。」

レスリー・ニールセン死去 [文芸]

r.jpg カナダ人俳優レスリー・ニールセンが11月28日、肺炎の合併症のためフロリダ州の病院で死去した。84歳だった。彼は100以上の映画と、1500以上のテレビ番組に出演した。
 ニールセンは、サスカチュワン州レジャイナに生まれた。兄のエリックは1983年に進歩保守党暫定党首、1984年にマルローニ内閣の副首相に就任している。父はRCMP(カナダ連邦警察)の巡査だったが、家庭内暴力がひどく、ニールセンは逃げ出すことばかり考えていたという。
 少年時代を一時、北極圏から320キロ南のノースウェスト準州フォート・ノーマンで過ごしている。村の人口は15人で、うち5人はニールセン家だった。彼は当時の生活を「もし父が誰かを冬に逮捕したら、容疑者を引き渡すのに雪解けまで待たなければならない」と述懐している。
 彼はエドモントンの高校を卒業するとすぐ、カナダ空軍に入隊するが、若かったので戦地に行くことはなかった。退役後はカルガリーのラジオでディスクジョッキーを務め、それからトロントとニューヨークで演劇を学んだ。
 俳優になった当初は、アクション映画などを中心にシリアスな役を演じていたが、実は私生活ではお調子者だった。そんな彼の隠れた才能は、1980年の映画「フライングハイ」のスマッシュヒットによって開花する。1988年の「裸の銃を持つ男」も大ヒットし、以後もっぱらコメディ作品に出演するようになった。
 1985年のフェイク・ドキュメンタリー「カナダの陰謀」は、カナダ政府がアメリカをメディア買収によって崩壊させる陰謀を描いているが、政治家の兄エリックの発想を多く取り入れている。

アブリル・ラビーン、夫ウィブリーと破局 [文芸]

3195808 アブリル・ラビーンが、SUM41のデリック・ウィブリーと別居したことを、MySpaceで9月17日に発表した。数日以内に離婚申請手続きが行なわれるものとみられている。
「デリックと私は6年半を一緒に過ごしてきました。私が17歳のときからの友人で、19歳のときに交際を始め、21歳で結婚しました。彼とともに過ごした時間と、変わらぬ友情に感謝し、幸運に思っています」
「デリックには感心しており、大変尊敬しています。彼は私が知る限り最も素晴らしい人で、心から愛しています。デリックと私は前向きに別々の道を歩んで行きます。家族のみんな、友人、そしてファンの皆さんの応援に感謝します」
とアブリルは綴っている。

 2人の不仲説は数ヶ月前から囁かれていた。17日は「アス・ウィークリー」誌が、アブリルがデリックを捨てたという情報を掲載。デリックがカリフォルニア州ベル・エアの豪邸から追い出されたとして、「離婚届はいつ提出されてもおかしくない」と報じていた。
 一方のデリック・ウィブリーも
「この6年半は俺の人生の中で最も素晴らしいときだった。終わりが来てしまったのは悲しいが、アブリルと俺は今でもファミリーで、できる限りポジティブな方法で前へ進んでいくつもりだ」
との声明を発表した。

 アブリルとデリックは2006年7月に結婚。2007年にリリースされたアブリルのアルバム“The Best Damn Thing”では、デリックがプロデュースや演奏を務めるなど、公私共に良きパートナーだった。最近ではアブリルの新作を2人で手掛けていると報じられていた。

HIMEKA、ワーホリで歌手デビュー [文芸]

2878417 HIMEKA(本名カトリーヌ・セント=オンジュ)は、ケベック州に生まれた。フランス語を母語とするほか、流暢な英語を話すが、「美少女戦士セーラームーン」に魅了され、日本のアニメに興味を持つようになり、やがて日本のアニメを原語で見たりアニメソングを聴いたりしながら日本語を取得した。
 21歳のとき、Anime Expo 2002のカラオケコンテストで、「ときめきの導火線」などのアニメソングを日本語で歌い優勝する。その後は日本で歌手になることを夢見て、2008年ワーキングホリデーで来日し、レストランなどでアルバイトに励む日々を過ごしていたが、第2回全日本アニソングランプリで優勝し、プロデビューへの道を掴んだ。
 2009年4月から放送されているテレビアニメ「戦場のヴァルキュリア」のテーマ曲「明日へのキズナ」を「HIMEKA」の芸名で歌いCDデビューを果たす。「HIMEKA」とは、彼女が13歳の頃に書き始めた物語に登場する人物の名前で、優しさと強さを兼ね備えた女神のような女性だという。

「赤毛のアン」のモンゴメリ、自殺だった [文芸]

 2008年は「赤毛のアン」刊行100周年に当たるが、著者のルーシー=モード・モンゴメリは自殺していたと、孫のケイト=マクドナルド・バトラーさんが9月20日のグローブ&メイル紙で明らかにした。
 モンゴメリの死亡診断書には、死因として「冠状動脈血栓症」と書かれているが、牧師でもある夫のユーアン・マクドナルドが鬱病を患い、モンゴメリはそれを隠さなければならなかったこと、また彼女自身も心労から病にかかり、薬を服用していたことはこれまで知られており、一部で自殺説も主張されていた。今回モンゴメリのノートから、死の原因はトランキライザーの大量服用による自殺であると遺族が公表したことで、自殺説が裏付けられたことになる。彼女が祖母の自殺を公表したのは、グローブ&メイル紙による一連の、鬱病を患った人の家族への啓蒙記事を読み、鬱病は家族の恥だという考えは除かれるべきだという考えに賛同したからだという。
 モンゴメリはアン・シリーズのほか、19の小説、いくつかの旅行記、幾多の短編と詩を書いたが、それらはほとんど注目されることはなかった。彼女自身は児童文学を軽く見ていた節があり、出版社に勧められるままアン・シリーズを書き続けることを不本意に感じていたようで、長年文通を続けた相手に「あの憎らしいアンの6冊目です」と手紙に書いたこともあった。

シャナイア・トゥエイン離婚 [文芸]

1787980 カナダが生んだ世界的カントリー歌手シャナイア・トゥエイン(42)が、14年間連れ添った夫ロバート・ラング氏(59)と離婚したことが5月12日、明らかになった。2人の間には6歳の男の子がいる。

 1965年、アイリーン=リジャイナ・エドワーズとしてオンタリオ州ウィンザーに生まれる。2歳のとき両親が離婚し、母が先住民オジブエ族のジェリー・トゥエインと再婚したため、姉妹とともにオンタリオ州の田舎町ティミンズのインディアンコミュニティーで暮らす。生活は貧しかったが、8歳のころから「アイリーン・トゥエイン」として地元のレストランやバーでの演奏で家計を助けるようになる。
 1987年彼女が22歳の時、両親が事故により他界。オンタリオ州ハンツビルに移り住み、地元観光ホテルなどのステージに出演しながら まだ未成年だった弟や妹達を育てる。1991年にナッシュビルの音楽関係者にスカウトされ、テネシー州ナッシュビルに移住し、1993年マーキュリー・レコードからデビューを果たす。このころ芸名をオジブエ語で「我が道を行く」を表すシャナイアに変えた。
 だがマスコミが、シャナイアは母親の連れ子であり オジブエ族の父親とは血縁関係にないことを暴露したため、一部の先住民団体などから抗議を受ける。 これについて彼女は「私は自分の中にどれだけインディアンの血が流れているかは知りません。 しかし父ジェリーに引き取られた娘として、私は50%インディアンとして登録されました。これは私の心であり魂、そして私はそれを大変誇りにしています」とコメントした。一説によると、彼女の父はクリー族だという。

 元夫のラング氏はロック音楽プロデューサーで、デフ・レパード、AC/DC、フォーリナー、ザ・カーズ、ブライアン・アダムスなどのプロデュースを担当し、シャナイアの2枚目のアルバム「ウーマン・イン・ミー」のプロデュースがきっかけで知り合い、1993年に結婚した。
 次々にヒット曲を生み出したシャナイアは、またたく間にスーパースターの座にかけ上った。マスコミに追いかけられるのを極度に嫌った二人は、ニュージーランドとスイスの隔離された屋敷に住んでいた。


写真左:シャナイア・トゥエインとロバート・ラングの結婚式。

ジャズピアノの巨匠オスカー・ピーターソン死去 [文芸]


 「鍵盤のマハラジャ」の異名をとったジャズ・ピアノの巨匠オスカー・ピーターソン氏が12月23日、腎不全のためオンタリオ州ミシサウガの自宅で死去した。82歳だった。
 彼は、白人が主流だった1950年代の欧米音楽界で成功を収めた数少ない黒人音楽家の一人で、生涯にグラミー賞を7回受賞した。
 オスカー・ピーターソンは1925年、モントリオールに生まれた。黒人の多い地区で育った彼は自然とジャズに親しんだ。父ダニエルからトランペットとピアノ、姉デイジーからはクラッシックピアノを教わり、7歳で結核を患ってからはピアノに専念した。1940年14歳のとき、CBC(カナダ放送協会)の全国音楽コンクールで優勝すると、彼は学校に行くのを止め、ホテルや音楽ホールでピアノを演奏して生活するようになる。
 1949年に大物プロデューサーのノーマン・グランツに見出され、ニューヨークのカーネギーホールで公演し、流麗な演奏で全米にその名をとどろかせた。ベースのレイ・ブラウン、ギターのハーブ・エリスとのトリオでの演奏で知られ、生涯に録音したアルバムは200枚以上とされる。
 1993年には脳卒中で左手が動かせなくなり、2年間演奏から遠ざかる。彼のファンで友人でもあるクレチエン首相より、オンタリオ州副総督就任の依頼があったが断り、リハビリを重ね、演奏に復帰した。1991年から94年までヨーク大学総長を務める。2005年には、存命の人物として初めの記念切手がカナダで発行された。


パリス・ヒルトン、アダルトビデオ店に抗議? [文芸]

 10月24日午後、ハロウィン用の骸骨の衣装で変装した「パリス・ヒルトンと名乗る女性」が、トロント市内のアダルトビデオ店で、彼女のビデオとそのポスターを店内から撤去しろと要求した。女性は、「こんなポルノ店に私のポスターやビデオが置かれているのは許せない。訴えてやる!」などと叫び、店内の彼女のポスターを破り捨てた。
 その女性が店を出てから30分ほどして、マネジャーと名乗る男性が現われ、「彼女が来店したことは公表しないように。もし店内の防犯カメラの映像をマスコミなどに売ったら、肖像権侵害で訴える可能性がある」と警告していったという。パリス・ヒルトンは現在、主演映画の撮影でトロントに滞在している。


キーファー・サザランドに禁固48日の実刑 [文芸]


 9月25日にウエストハリウッドで飲酒運転のため逮捕されたカナダ人俳優キーファー・サザランドが10月10日、罪を認める代わりに刑期を48日に短縮する司法取引に応じた。彼は2004年にも飲酒運転を犯し、保護観察中だったため、最長6カ月の禁固刑が科される可能性があったほか、飲酒運転などで最長1年の禁固刑および合計1000ドルの罰金が科される可能性もあった。判決は12月21日に言い渡される予定。

 本名はキーファー=ウィリアム=フレデリック=デンプシー=ジョージ=ルーファス・サザランド。父は俳優のドナルド・サザランド、母は女優のシャーリー・ダグラス。母の父はサスカチュワン州元首相のトミー・ダグラス。ロンドンに生まれ、両親の離婚後にトロントに移住。子役としてテレビなどに出演し、1986年の映画「スタンド・バイ・ミー」で一躍有名となった。現在は製作や監督も手がけ、ロサンゼルスに在住している。名前が多いのは、父親が金を借りていた人たちに「長男が生まれたらあなたにちなんだ名前を付ける」と約束していたからだという。

写真上:キーファー・サザランド。
写真下左:ベチューン役を演じたドナルド・・サザランド。
写真下右:シャーリー・ダグラス。


インターネット利用時間、カナダが世界一 [文芸]

 コムスコア・ネットワーク社は3月6日、世界のインターネット利用者数の調査結果を発表したが、利用者1人あたりの利用時間は、カナダが月平均39.6時間で世界一であることが判明した。
 これについてコムスコア・ネットワーク社のボブ・アイビンス氏は、「これまでブロードバンドの常時接続環境がインターネットの利用を促進すると考えられてきたが、今回の調査はこれを裏付ける結果となった」とコメントした。
 以下に世界のトップ10を掲げる(2007年1月調査)。数字は左から総利用者数順位、月平均利用時間、ブロードバンドの月平均利用時間、ナローバンドの月平均利用時間。

1.カナダ       9    39.6    41.3    14.2
2.イスラエル    28    37.4    38.8    10.9
3.韓 国       6    34.0    36.1    N/A
4.アメリカ       1    31.6    37.2    13.5
5.イギリス      5    31.2    35.6    7.5
6.チ リ       20    30.9    38.6    12.6
7.ブラジル      11    30.2    38.5    17.0
8.フィンランド    30    28.7    34.2    N/A
9.スペイン      12    27.9    33.4    9.1
10.スウェーデン   21    27.5    31.4    9.7

アヴリル・ラヴィーン結婚 [文芸]


 カナダの人気女性ロックシンガー、アヴリル・ラヴィーン(21)が、約1年前から婚約していた人気ロックバンドSum 41のリードシンガーでトロント出身のデリック・ウィブリー(26)と7月15日、カリフォルニア州モンテシートで結婚式をあげた。式には約110人のゲストが出席。当初は8月後半に挙式のうわさが流れたが、メディアの執拗な追及を受け、急きょ、日程を変更したという。
 アヴリルは、オンタリオ州ナパニーの出身。2002年にデビューアルバム「レット・ゴー」で大ブレーク、世界中で1400万枚の売り上げを記録した。


キューバ国立合唱団員11人、カナダ亡命 [文芸]

 カナダ全国コンサートツアーでトロントを訪問中のキューバ国立合唱団(40人編成)のメンバー計11人が10月23日・24日の両日に渡りトロント市のホテルから抜け出し、戻ってこなかった。
 プロモーターのロバート・ミッセンさんがグローブ・アンド・メール紙に語ったところによると、11人はトロントのある教会グループが手配した安全な家に滞在中で、カナダに難民身分の申請をする予定だという。
 キューバ国立合唱団は1959年、キューバのゲリラ指導者チェ・ゲバラによって軍人を中心に創設された。クラシック音楽からキューバ民謡、そして現代のヒットソングまで幅広いレパートリーで世界的な名声を博している。
 なお、同合唱団は残りのメンバーで全国ツアーを継続する。


著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る