So-net無料ブログ作成

パイェット次期総督、裁判記録非公開を求めた訴訟を撤回 [総督]

 ジュリー・パイェット次期総督は8月21日、弁護士を通じ、自身に関する裁判記録を非公開にするよう求めた法廷闘争を放棄したと発表した。
 トルドー首相は7月13日、パイェット氏を次期総督に指名し女王の同意を得たと発表した。すると報道各社は、パイェット氏に関するあらゆる情報を探し始めた。宇宙飛行士だった前夫ビリー・フリン氏との離婚訴訟に関するメリーランド州裁判所の記録も、その一つである。パイェット氏は7月18日、離婚訴訟に関する記録を非公開にするよう訴えを起こした。
 だがiPoliticsは同日、パイェット氏が2011年11月にメリーランド州において、第二級暴行罪で起訴されていた事実を暴露した。ただし起訴は2週間後に取り下げられており、この事件の詳細は公表されていないためよくわかっていない。
 その直後にCTVとトロント・スターは、パイェット氏が車で歩行者を撥ね、被害者を死なせたと報じた。だが被害者はアルコール中毒で、交通事故は死の原因でないと判断された。彼女が事故後ほどなく離婚したのは、家族を守るためだったと見られる。

 パイェット氏は、文書非公開を求めた理由についてこう述べた。
「なぜ、個人的な離婚に関する情報が、カナダ総督の職務上必要とされるのか。」
「公的に私を嘲笑するため、カナダ国民にこの件にまつわる事実を暴露しようと企図としていると信じる理由が私にはある。そしてこれらの行動が私自身だけでなく、未成年の息子にも取り帰せない危害を引き起こすと信じている。」
 だがナショナルポスト・CBC・CTV・iPolitics・グローブ&メイル・トロントスターのマスコミ6社は、パイェット氏は次期総督として国家に関する重要な役割を担う可能性があるから、その履歴について調査・報道するのは当然であり、また市民には公判を観察し裁判記録にアクセスする憲法上の権利があると反論したうえ、子息に関する情報は求めていないと語った。
「パイェット氏はカナダ軍の司令官を務め、首相を指名しあるいは解任し、議会を解散するなど様々な権限を有することになる。」
 またパイェット氏は、彼女が暮らすケベック州では離婚訴訟記録は非公開が原則であり、マスコミ6社は法の抜け穴を突いていると主張したが、マスコミ6社は単に訴訟地の州法が適用されるだけだと反論した。
 7月26日の公判では、パイェット氏の弁護士は、彼女に電話で証言させるという異例の注文をつけたが、却下されたため、今度は証言中は裁判所を閉鎖するよう申し入れた。これも拒否されると、パイェット氏は証言することを取り下げた。
 メリーランド州では、裁判記録は原則として公開されている。デビッド・デンスフォード判事は、原告の主張するプライバシー保護は、記録を非公開にするに十分な説得力がないとして訴えを退けた。ただし、原告の子息に関する情報は非公開にするとした。マスコミ6社は、この判決に異議を唱えなかった。なお前夫のフリン氏は、記録の非公開を求める理由がわからないと語った。
 敗訴を受けて、パイェット氏は控訴の準備に取りかかった。控訴審は11月に行われるため、それまでは問題の離婚訴訟記録は暫定的に非公開とする仮処分が取られたが、マスコミは彼女の法廷闘争について報道する動きを見せたため、彼女は控訴を断念した。

 ナショナルポストのジェリー・ノット副社長は、次のようにコメントした。
「総督は看板以上の存在で、我々の民主主義における不可欠な役割を演ずる。」
「これらの文書は公開され、残されなければならない。」
 トルドー首相は、彼のスタッフが彼女の背景を完璧にチェックした結果、その地位に不適格とするような過去はなかったと語った。
「パイェット氏を綿密に調査した結果、彼女が並外れた総督となるという以外のどんな理由も見当たらないことを、私は誰にでも保証する。」

 パイェット氏の公生活は、1992年に宇宙飛行士に選ばれたときに始まった。だが彼女は、私生活を明かさないことで知られていた。1999年の最初の宇宙飛行にあたり、マスコミは彼女の家庭について情報を得ようとしたが、当時最初の夫フランソワ・ブリセット氏と破局寸前だったため、彼女は何も語ろうとしなかった。
 2番目の夫フリン氏との離婚訴訟は2013年から始まり、2015年4月に離婚成立したが、子供の養育費に関する争いは、今年まだ進行中だった。だがパイェット氏は、総督指名直前の6月にこれを撤回している。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

パイェット次期総督、王室への忠誠は薄い? [総督]

le-coup-de-crayon-du-14-juillet.jpg

 トルドー首相は7月13日、次期総督としてジュリー・パイェット氏を指名することに女王の同意を得たと発表した。
 パイェット氏は記者に、総督の地位は国王支配を意味するかと問われたが、「私が今この質問に答えるのは適切でないと思う」とフランス語で応じた。
 総督は近年はカナダ人が就任するが、かつてはイギリス人だった。総督は国王の名代で、ケベックでは王制はイギリスへの屈服をしばしば意味することから、評判が悪い。ケベックの政治家や文化人で、受勲を拒否した人は少なくない。パイェット氏はケベック人として、国王やイギリスに近い発言をすることで自己に不利に働くのを避けたとみられる。

 ケベックで実施された最近の世論調査も、王制への反感の根強さを示している。王制を支持する人はわずか42%しかいない。58%は共和制を支持する。73%が「女王崩御後は王室との関係を絶つべきだ」と主張し、67%がチャールズ皇太子のカナダ王即位に反対している。


図:ケベック人でありながら総督に就任するジュリー・パイェット氏を諷刺した仏語紙「ル・デボワール」のマンガ。カナダがイギリスの「衛星」国になっている描写が秀逸。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

次期総督に元宇宙飛行士パイェット氏 [総督]

canada-politics.jpg

 メディアは7月12日、元宇宙飛行士のジュリー・パイェット氏が次期総督に就任すると報じた。トルドー首相は、13日に後継総督を正式に公表する。
 総督はアングロフォンとフランコフォンが交互に就任する慣例があり、現職のデビッド・ジョンストン総督がアングロフォンであることから、次はフランコフォンの間で後継者が注目されていた。

 パイェット氏はモントリオールに生まれ、フランス語と英語のほか、スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ロシア語も話す。マギル大学で工学を、トロント大学で応用科学を学び、1996年スペースシャトルディスカバリーで宇宙飛行を行った。
 カナダの初の女性宇宙飛行士ロバータ・ボンダー氏は、次のように述べた。
「私は、彼女には本当に大きな長所があると思う。宇宙から世界を見たことで、彼女が世界とカナダへの異なる視点を導入するのは興味深い。私は、本当に楽しみにしている。」
 パイェット氏は工学の技術者で、法律・行政の経験に乏しいが、総督に就任すればアドバイザーがつくので、心配はないという。ジョンストン総督が就任したときは、ハーパー政権が議会で過半数割れしていたため、政権が動揺したときそれを支えてくれる後ろ盾となることが期待されたはずだ。だが現在はトルドー政権が安定多数を占めているため、総督が誰であっても大きな問題はなさそうだ。

 総督は、首相の助言を得て、女王が任命する。トルドー首相は先週、ドイツで開催されたG20サミットの道中、イギリスに立ち寄り、スコットランドに滞在していたエリザベス女王に謁見し、次期総督の指名を明かしたという。
 総督の任期は規定がなく、「随意」であるが、通常5年で、1度だけ延長できる。ジョンストン総督は2010年に就任し、2017年9月までに延長された。


写真:2011年、デビッド・ジョンストン総督(右)からオーダー・オブ・カナダ勲章を授与されるジュリー・パイェット氏(左)。
【参照】 カナダ人宇宙飛行士、宇宙ステーションで歴史的対面
http://blog.so-net.ne.jp/canadian_history/2009-07-18
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ジョンストン総督の任期延長 [総督]

 ハーパー首相は3月17日、デビッド・ジョンストン総督に任期延長を申し出て同意を得たと発表した。総督の任期は規定されていないが、慣例として5年であり、一度だけ延長できる。ジョンストン総督は2010年10月に就任しており、任期は2017年9月までとなる。
 ジョンストン総督は「建国150周年が近づいているが、私がカナダ総督として女王陛下を代行する職務を続ける機会を与えられたことに、感謝している」という声明を発表した。ハーパー首相は「デビッド・ジョンストン閣下は卓越した総督および司令官であり、カナダの国益と我々の偉大な国への理解を促進するため、国内外で精力的に働いてこられた。総督はカナダにおける女王の名代として、尊厳と知恵をもってふるまい、注目に値する貢献を成し遂げてこられた」と語った。
 今回の任期延長は、ジョンストン氏が2017年の建国150周年に在任していることを意味する。また、次の総選挙は今年10月までに実施されるが、保守党と自由党がデッドヒートを繰り広げており、どの党も単独過半数を占められないケースが想定される。この場合、誰を首相に指名するかは総督の高度な政治判断に委ねられることになり、ハーパー首相としては自分の息のかかった人を総督に据えておきたいだろう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

フランコフォニー事務総長にジャン前総督 [総督]

 フランコフォニー国際機関は11月30日、セネガルのダカールで開催されたサミットで、カナダのミカエル・ジャン前総督を次期事務総長に指名したと発表した。11年務めたアブドゥ・ディウフ事務総長(セネガル元大統領)退任にともない、5人の候補が立候補していたが、ジャン氏は初の女性事務総長となる。任期は4年。
 ジャン氏は「フランコフォニーのために日々奉仕している皆さんとともに働けることに、私は胸を躍らせています」という声明を発表した。
 カナダからはカナダ連邦のほか、ケベック州とニューブランズウィック州もフランコフォニーに参加している。連邦のハーパー首相は、ジャン氏に祝辞を述べた。
「カナダの市民である前総督ミカエル・ジャン氏が、フランコフォニーの次期事務総長に就任することを、全てのカナダ人は誇りに思う。彼女が新しい職務を、その優秀さをもって果たすことを、私は少しも疑っていない。」
 首相は記者に、カナダが二言語主義であるがために、英語を話せるという特性がフランコフォニーにおいて有利になることはあるだろうかと問われると、これを否定した。
「フランコフォニーは、フランス語というただ一つの言語で運営されていくだろう。あたかもコモンウェルスが英語だけで運営されるように。」
 ハーパー首相は、次期事務総長指名に至る話し合いの詳細について説明することを拒否した。だがフランスのフランソワ・オランド大統領は、一致を維持していくために投票を避け、話し合いで選出したことが重要だと記者団に語った。
 ケベック州のフィリップ・クイヤール首相は、ジャン氏をこう評した。
「ミカエル・ジャン氏は、フランコフォニーの新しいビジョンの体現者である。現代的、若くてダイナミックだ。」
 ニューブランズウィック州のブライアン・ギャラント首相は、ジャン氏の多文化的背景について言及した。
「ハイチ人、フランス人、カナダ人、ケベック人そしてアカディア人であることが、ミカエル・ジャン氏のアイデンティティである。彼女の母方のアカディアの血縁に感謝する。この広い文化的背景が、彼女にフランコフォニー理解の手助けとなるだろう。彼女こそが、フランコフォニーの多様性を体現する。」
 デビッド・ジョンストン現総督も、声明を発表した。
「彼女がフランスの言語と文化だけでなく、加盟国を結びつけている平和と民主主義と人権をも熱心に守っていくことを、我々は確信している。」

 フランコフォニー参加国の大半はアフリカで、ジャン氏は黒人だがアフリカ出身ではない。またEUは2009年5月にアザラシ製品取引を全面的に禁止したが、ジャン総督はその直後にヌナブートを訪問した際、アザラシ解体に立会いその心臓を食べている。そのためジャン氏の事務総長就任には、フランス・ベルギーなどEU勢の反発があったものと思われる。だがジャン氏は、バンクーバー・オリンピックで開会宣言するなど抜群の知名度があり、またカナダがフランコフォニーで2番目の大口資金提供者であることが、有利に働いたようだ。

 ミカエル・ジャン氏は、1957年ハイチのポルトープランスに生まれた。デュバリエ独裁政権下で迫害を受け、1968年カナダに移住し、モントリオール大学などで学んだ後CBCのジャーナリストとして活躍した。
 2005年から10年までカナダ総督を務めたが、その間2008年には、議会で過半数を占める野党がハーパー政権を打倒しようとした「政治危機」が起こり、ジャン総督は大方の予想に反し議会を停会してハーパー政権を救った。このとき、ハーパー首相からジャン総督へ相当な圧力がかかったものとみられている。また首相は総督の任期を一期だけ延長できるが、ハーパー首相はジャン総督の任期を延長せず退任させたため、両者は不仲だと言われている。
 ジャン氏は総督退任後は、ユネスコ特使やオタワ大学学長を務めている。
 夫は映画監督のジャン=ダニエル・ラフォン氏で、彼女も何本か映画を製作している。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ジョンストン新総督就任 [総督]

GG-_johnston_915608cl-8.jpg
 デビッド・ジョンストン新総督は10月1日、パーラメント・ヒルで第28代総督として宣誓した。
「我々は洗練された国である。全てのカナダ人がその才能を最大に伸ばすことができる国である。全てのカナダ人が成功し、貢献できる国である。だが洗練された国のビジョンを達成するためは、成されるべき多くの仕事がある。家庭と子供たちを支援し、学習とイノベーションを促進し、慈善とボランティアを奨励することが必須であると信じる。」
 ジョンストン新総督は、その3つが2017年に建国150年を迎えるカナダの三本柱だと表現した。

800_cp_jean_100930.jpg セレモニーには、かつてないほどの人気を保持したまま退任したミカエル・ジャン前総督も出席した。彼女の名前が言及されるたびに、喝采があがった。ハーパー首相は、「芸術と創造を通して市民の、特に恵まれない地方や北部の青年の活動を促進する」ミカエル・ジャン基金を創設し、700万ドルを提供すると発表した。



写真上:玉座に就くデビッド・ジョンストン総督とシャロン夫人。
写真下:9月30日に総督官邸を立ち退き、手を振るミカエル・ジャン前総督。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

次期総督にジョンストン学長 [総督]

David_Johnston_751401gm-a.jpg カナダのメディアは7月7日、次期総督にウォータールー大学のデビッド・ジョンストン学長(69)が指名されると報じた。正式な指名は、エリザベス女王がカナダ訪問を終える8日に行われる。
 ジョンストン氏はオンタリオ州サドベリーに生まれ、ハーバード大学、ケンブリッジ大学、クイーンズ大学で法律を学び、マギル大学副学長、ウォータールー大学学長を務めた。1988年には、オーダー・オブ・カナダ勲章を授与されている。
 ジョンストン氏は、ハーパー首相によって設置された特別委員会で選ばれた。委員会はスポーツ界、芸能界、芸術家を除外した。彼が選ばれた理由は、アングロフォンとフランコフォンが交互に就任する伝統に従いアングロフォンであること、英仏二ヶ国語を話せること、特定の党派に偏っていないこと、そして憲法の知識があることだという。
 ところがジョンストン氏は、オライファント委員会のメンバーだったとき、シュライバー氏からマルローニ元首相への贈賄疑惑に関し、1988年のエアバス購入については調査から除外したことで疑問視された。一部の批評家は、それがハーパー首相に好まれた理由だと指摘する。
 ジョンストン氏はまた、マルローニ氏がターナー首相に「総理、あなたには選択肢があったはずだ!」と詰め寄った有名な1984年総選挙でのテレビ討論で、司会を務めている。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

次期総督指名、来週にも [総督]

 ハーパー首相は、早ければ来週にも次期総督を指名する。
 女王エリザベス二世が6月28日にカナダを訪問し、カナダ・デーにも出席する。女王は総督を任命するため、カナダ滞在中に行うのが適切と考えられているからだ。ジョルジュ・バニエ総督は1959年、女王の滞在中に任命されている。

 次期総督の最有力候補は、ウォータールー大学のデビッド・ジョンストン学長である。アングロフォンとフランコフォンが交互に就任する伝統を踏まえると、次期総督はアングロフォンが好ましいとされる。またハーパー首相は、総督は英仏二か国語を話せる必要があると考えているようだ。
 長い間取り沙汰されたジョン・ド・チャストレイン将軍は、72歳の高齢を理由に総督指名を固辞し続けている。
 ほかに名を挙げられている人としては、君主制主義者のヒュー・セガール上院議員(保守党)がいる。だが事情通は、彼はありえないと指摘する。ハーパー首相がこれまで指名してきた副総督たちは、特定の党派に属していない人たちばかりだったからだ。例外はニューファンドランド&ラブラドル州のジョン・クロスビー副総督で、かつてマルローニ内閣の閣僚であった。
 元トロント市長で元下院議員(進歩保守党)のデビッド・クロンビーも名を挙げられているが、彼は打診されたことも要求したこともないと言う。
「私は多少のフランス語を話すが、自分がバイリンガルだとは思わない。」

 ミカエル・ジャン現総督は、9月からUNESCO(国連教育科学文化機関)の任務に就く。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ジャン総督、政界進出を否定 [総督]

 セネガルを訪問中のミカエル・ジャン総督は4月15日、退任後の政界進出を否定した。
 ジャン総督は、かつてないほどの高い人気を保持したまま、今年退任する。戦後では2番目の若さで就任した彼女は、まだ52歳である。
 アフリカの女性ジャーナリストがこの日、総督に退任後の政界進出、さらに首相を目指してみてはと質問すると、総督は笑いながらこう答えた。
「あなたが私のように行動する女性であるなら、人とは違う道を望むでしょうね。でも個性を発揮する方法には、いろいろあるのです。それらには優劣はありません。」
 それから総督は、かつて虐待を受けた女性のためのシェルターを開設し、大学で教鞭を取り、CBCのジャーナリストとして働いた経歴について語った。
 自由党政権によって指名されたジャン総督には、自由党からの政界進出の噂が絶えない。だが自由党のイグナティエフ党首の秘書は「総督は偉大な業績を成してきたし、これからも成し続けるだろう。しかし我々が総督の将来について推論するのは不適切だと思う」とコメントした。

 政界を引退して総督に就いた人は何人かいるが、その逆はいない。第22代総督のエドワード・シュライヤーは戦後最年少の総督だが、退任後は政界復帰を志し、2006年下院選に立候補したが、落選している。
 第23代総督のジャンヌ・ソベは退任後、連邦政府から500万ドルの資金を得て「ジャンヌ・ソベ青年基金」を設立した。第24代総督のレイモン・ナティシェンは退任後、連邦政府から250万ドルの資金を得て「ナティシェン芸術基金」を設立した。第26代総督のエイドリアン・クラークソンは退任後、連邦政府から300万ドルの資金を得て「カナダ市民権協会」を設立した。これらの公益事業には巨額の費用が充てられているが、必ずしも不可欠なものとは言えない。
 まだ若いジャン総督にはジャーナリスト復帰の途もあり、この観点からも去就が注目される。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ジャン総督退任を発表 [総督]

93dc22f74725bbb43993b950e7cc.jpg アフリカ4か国を訪問中のミカエル・ジャン総督は、4月14日滞在先のセネガルで、総督の任期が延長されないことを公表した。彼女はかつてないほどの人気を保ったまま、9月27日までに任期を終える。
 彼女はカナダ初の黒人総督に指名されるや、ケベック分離主義のシンパだった過去を暴露され、フランス国籍放棄を余儀なくされ、ロッキー山脈とコースタル山脈を混同した発言をクラークソン前総督に皮肉られ、アザラシの心臓を食べて議論をまきおこし、歌をレコーディングし、国家元首発言で非難され、出生国のハイチ大地震では人目もはばからず涙を流し、オリンピックでは華麗に2か国語で開会宣言を行い、パラリンピックでは子供たちと手をつないで登場した。あるときはアフガン問題について語り合う晩餐会を開催し、政府高官たちを絶句させた。そして2008年政治危機では、ハーパー首相に議会の停会を許し、結果的に政権維持に手を貸した。これほどまでに注目された総督は、前例がない。

 ジャン総督は、残念だがこれが最後の外遊になるだろうと語った。総督はこれからルワンダ、コンゴ民主共和国、カーポ・ベルデを訪問する。
 ルワンダへは1994年の大量虐殺以後、カナダの要人として初めて訪問する。コンゴ民主共和国では、内戦で混乱が続く東部のゴマに入る。そこでは、兵士によるレイプが日常化している。
「ゴマは誰にとっても危険ですが、第一に、そこに住む人々にとって危険だということが問題なのです。私は恐れません。」
 総督はゴマで国連職員と会見し、犠牲となった女性たちの声を聞くと誓った。


写真:セネガルを訪問するジャン総督とアブドライ・ワッド大統領。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

総督の条件 [総督]

 ハーパー政権は、新しい総督の候補を探している。ところが、条件の一つとしてバイリンガルであることが挙げられている。
 ミカエル・ジャン総督はオリンピック開会宣言を英仏二か国語で行ったが、最も人気の高いリック・ハンセン氏は、フランス語が堪能でないという理由で乗り気ではないという。
 次に人気が高いのが、イヌイット兄弟団のメアリ・サイモン代表である。だが彼女の就任にも、異論がある。第一に、彼女の指名は、ケベック州から2人連続となる。歴史的にアングロ系とフレンチ系が交互に指名されてきた経緯からは、好ましくないとされる。第二に、彼女はケベック州民でありながら、フランス語が堪能ではない。第三に、彼女の指名は、女性が3人連続となる。男女の機会均等の観点から、好ましくないとされる。

 そこで急浮上したのが、バンクーバーのサム・サリバン前市長である。第一に、ブリティッシュコロンビアは一人も総督を輩出していない。第二に彼は、英語・フランス語・イタリア語・北京語・広東語・パンジャブ語を話す。第三に、彼はトリノ・オリンピック閉会式でオリンピック旗を授与され、国際的知名度も高い。
 ところが彼は、政治家出身である。NPA(無党派連合)に属してはいたが、保守党に近いとされている。

 そこでもう一つの条件、政治的中立性が問題となる。当分の間少数政権が続きそうな状況において、内閣不信任はいつ起こるかわからず、今後の総督は歴代総督たちにも増して、高度の政治判断そして何より中立性が強く求められるという意見がある。プレストン・マニング改革党元代表や、保守党内では受けのいいウェイン・グレツキー氏は、この観点からは不適格と言わざるをえない。

 エイドリアン・クラークソン前総督はマーチン首相に指名されたが、2004年の任期切れにあたり、マーチン内閣が不信任の危機に直面していたため、任期を1年延長された前例がある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ジャン総督の任期延長せず [総督]

 トロント・スター紙は4月3日、ハーパー首相はミカエル・ジャン総督の任期を延長する考えがないと報じた。
 首相は後任として車椅子アスリートのリック・ハンセン氏に打診したが、断られたという。候補にはこのほか、イヌイット兄弟団のメアリ・サイモン代表、ジョン・ド・チャストレイン将軍、プレストン・マニング元改革党党首、ノエル・キンセラ上院議長、ホッケー解説者ドン・チェリー氏らの名が挙げられている。
 アンガス・リード社の世論調査では、ジャン総督は職務をよく果たしていると思っている人は57%、そうは思わない人は26%、ジャン総督の任期を2年延長することに賛成の人は43%、反対は40%という結果が出た。また、38%がカナダは総督を必要としないと回答した。
 ハンセン氏を総督に望む人は50%、サイモン代表は36%、チャストレイン将軍は31%という結果となった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ジャン総督退任か [総督]

 3月3日、連邦議会の新しいセッションが召集され、ミカエル・ジャン総督によるスローン・スピーチ(所信表明演説)が朗読された。これは彼女の5度目のスローン・スピーチにあたり、今回が最後になるのではないかとの憶測が流れている。
 2005年9月に就任したジャン総督は、5年の任期が今年切れるが、1度だけ再任することができる。しかしハーパー首相との関係が良好でないため、建国記念日の7月1日までに交代するという見方が強まっている。後任にはイヌイット兄弟団のメアリ・サイモン代表、ジョン・ド・チャストレイン将軍、リック・ハンセン氏らの名前が挙げられている。

 総督の娘たちと首相の息子たちは、ハリントン・レイクの首相別邸でよく遊んだ。総督とロリーン・ハーパー夫人も、ハイキングに行く仲である。しかし総督とハーパー首相との関係は、アンビバレンツなものだと言われている。
 黒人の総督は、オバマ大統領に強い親近感を抱いているが、大統領に招待されたという総督の言葉を、政府は「公式の招待はない」と否定した。2008年の政治危機のとき、ハーパー首相が議会の停会を要請したのを、総督は2時間にも及ぶ会談の後了承した。このとき、首相が総督に圧力をかけたと言われる。これが2009年の議会停会になると、首相が総督官邸を訪問することなく、電話1本で同意を得ている。2009年秋には、「総督は国家元首ではない」という論争が起こり、ハーパー首相もこれに加担した。バンクーバー・オリンピック開会式では、ジャン総督が名前を呼ばれ入場し、2か国語で開会宣言を行ったのに対し、ハーパー首相は名前すら呼ばれず、何の発言もなかった。
 それでも総督の出生国ハイチで大地震が発生したとき、ハーパー首相がいち早く対応しハイチを訪問したことには、総督は深く感謝したという。

 スローン・スピーチが終わったあと、総督はウォルター・ナティンチェック将軍、ウィリアム・スウィーニーRCMP副総監、マージョリー・ルブレトン上院院内総務と握手した後、最後に隣にいたハーパー首相と握手を交わした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

カナダの国家元首は誰? [総督]

 パリで開催されたユネスコの会議で10月5日、ミカエル・ジャン総督が自身を「国家元首」と言及したことが波紋を呼んでいる。総督はスピーチでこう述べた。
「私は、北米のフランコフォンとして、奴隷売買の歴史を背負ったハイチ生まれとして、ケベック人そしてカナダ人として、そして今日あなた方の前で、カナダの国家元首として、誇りを持って社会の理想の約束と可能性を表明する。」
「私が国家元首として訪問した至るところで…。」

 カナダ君主制連盟は、これに強く抗議した。ロバート・フィンチ会長は次のようにコメントした。
「これは総督の地位を、これまでになく、またこれまで求められもしなかった地位に押し上げようとする試みである。」
「証拠は、総督が国家元首でないことを示している。これを理解するのに、憲法学者や法律家である必要はない。」
 こうして王党派や憲法学者の間で非難の嵐が巻き起こると、首相官邸もこれに加わった。
「エリザベス二世はカナダの女王にして国家元首であり、総督はカナダの王位を象徴する。」
とディミトリ・ソウダス首相報道官は述べ、さらにこうつけ加えた。
「カナダのために勤勉に働く総督がいてくれて、私たちは幸運だ。」

 カナダ憲法は、国家元首について定義していない。総督府広報のマーサ・ブルーイン氏は、総督が自身を国家元首と言及したことはこれが初めてではないと述べ、ロメオ・ルブラン元総督が1999年、エイドリアン・クラークソン前総督も2004年に同様の発言をした前例を挙げた。そして、
「総督は、女王が国家元首だということをよく理解しています。カナダの王位の象徴として、総督は国家元首の任務を代行します。ゆえに事実上の国家元首なのです。」
と説明し、さらにジョージ六世が1947年に与えた勅許状を引用した。そこには「カナダの国家元首としての任務の全てを総督に移管する」と書かれている。
 だがフィンチ会長は、これに反論した。
「1947年勅許状のどこにも、総督が国家元首であるとは書かれていない。」
 王党派であるトロント大学のジョン・フレーザー氏は、総督による密かな国家元首としての既成事実化は今回が初めてではないと指摘し、「これまで、女王の役割の縮小と総督の役割の増大を意味する、いわば王権のカナダ化が進行してきた」と述べた。

3250709 国家元首論争は、多くのカナダ人にとっては今さらの感が強いが、問題をここまでこじらせた原因として、ジャン総督とハーパー首相の確執を指摘する声もある。
 2008年12月、野党3党が内閣不信任案を提出しようとすると、ハーパー首相は総督官邸を訪問した。このとき首相がジャン総督に、下院の解散に同意するよう圧力をかけたため、総督は狼狽したと彼女の側近が語った。総督官邸での会談は2時間にも及んだが、そのほとんどは、総督はただの事務員ではないことを示すのに費やされたという。総督も首相も、この会談の内容については沈黙を守っている。

 マルローニ政権の時代には、有名な「ファーストレディ論争」が起こった。これは、首相が託児所への補助金を削減したことに国民が憤慨していたとき、ミラ・マルローニ夫人が「公務に専念するため首相官邸内に託児所を国費で設置して欲しい」と要求したのに憤り、「公職でもないのに公務とは何事か」と反発すると、ミラ夫人が「自分はファーストレディだから」と反論したのに対し、「ファーストレディは首相夫人ではなく総督夫人だ」と言い返した論争である。誰が国家元首なのかは古くからある終わりのない問題だが、この神学論争が蒸し返される背景には、いつも感情的対立があるように思うのは筆者のうがち過ぎだろうか。
 ジャン総督は近年、アザラシの心臓を食べ、毀誉褒貶あるモーゲンテイラー医師に勲章を与え、ロッキー山脈とコースタル山脈を混同した発言をクラークソン前総督に皮肉られたり、レコードを吹き込んだりするなど世論を賑わせているが、国家の象徴としてはいささか出すぎの感もあるのかも知れない。


写真:玉座からハーパー首相に話しかけるジャン総督。

【参考】 総督、連邦議会を停会
http://blog.so-net.ne.jp/canadian_history/2008-12-05
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ミカエル・ジャン氏、カナダ初の黒人総督に [総督]


 9月27日、ミカエル・ジャン氏が第27代総督に就任した。就任式はオタワの連邦議会上院で行われ、カナダ各地のミュージシャンらが史上初の黒人総督の就任を祝い、パフォーマンスを披露した。
 48歳のジャン新総督は、戦後では2番目の若さで、史上3人目の女性総督になる。彼女はハイチからの難民で、ケベック育ちのキャスターである。

カナダ総督の任期は通常5年で、その任務は
①首相を指名する
②首相の助言に基づき議会の召集・停止・解散を行う
③首相の助言に基づき上院議員を任命する
④内閣の助言に基づき最高裁判所判事を任命する
⑤国会で可決した法案に勅裁を与える
である。

 歴代総督はほとんどが政治家出身である。The Duke of Connaught, The Earl of Athloneの2名は王族である。
 総督は元来国王の代理なのではじめはイギリス人が就任し、1952年からはカナダ人が就任するようになった。イギリス系とフランス系が交互に就任するのが慣例になっていたが、前職のエイドリアン・クラークソンは香港生まれで、イギリスないしカナダ生まれでない最初の総督である。

3250708


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ジャン次期総督、人気下落 [総督]

 9月27日に次期カナダ連邦総督に就任するミカエル・ジャンさん(48)の人気が大幅に落ち込んでいることが明らかになった。
 8月上旬に行われた調査では、59%の人々がマーチン首相の総督指名を支持したが、中旬以降の調査では38%の支持率に下がった。大手世論調査会社デシマ・リサーチ社が発表したもの。
 これは、ジャン次期総督とその夫でドキュメンタリー映画作家のジャン・ダニエル・ラフォンさんの2人が、以前、ケベック州の分離独立運動を支持していたという報道が流れて以来、連邦総督にはふさわしくないと考える人々が増えたためとみられている。
 この問題については、ジャンさん、ラフォンさんの両氏とも「カナダ人であることを誇りとしている」と明言し、ケベック分離独立を支持していないことを明らかにしている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る