So-net無料ブログ作成
ノバスコシア ブログトップ

デクスター首相とケリー市長、アビイ・ロードの物まね [ノバスコシア]

2989664

 ポール・マッカートニーのハリファックス公演を7月11日に控え、ノバスコシア州のダレル・デクスター首相とハリファックスのピーター・ケリー市長は8日、ハリファックスのダウンタウンで「アビイ・ロード」のジャケット写真再現イベントを行った。
 バウアー・ストリートとコーンウォリス・ストリートの交差点に前夜、白線をペイントして横断歩道を作り、デクスター首相とケリー市長はかつらをかぶって、それぞれリンゴ・スターとポール・マッカートニーを演じた。ジョン・レノンとジョージ・ハリスン役はそれぞれ、ビートルズ・トリビュート・バンド・アビイ・ロードのメンバー、ピーター・マクドナルドとマイク・キャロルが演じた。通行人を排除し、フォルクスワーゲン・ビートルに「281F」のナンバープレートを用意して、ポールだけが裸足になり、彼だけが右足を前に出し、利き腕とは反対の右手で煙草を持つ徹底ぶりだ。
2989665 デクスター首相はここに来るまで、自分が何をするのか知らなかったという。リンゴ・スターよりかなり太めの首相は、ケリー市長からかつらを渡されて初めて自分の任務を知った。長年のビートルズ・ファンだった首相は喜びを隠せず、「アビイ・ロードのレコードを逆回転すると“Paul is dead”と聞こえるんだ。それで彼は裸足なんだよ。黒いスーツのリンゴは葬儀屋なんだ」と、誰でも知っている知識を披露した。するとケリー市長も負けずに、ポールの煙草は偽物で、実際にはバブルガムでできていたと即座に言い返した。
 翌週にはハリファックスで「KISS」のコンサートが行われるが、物まねをまたやるのかときかれたデクスター首相は「私はあれとは一線画しているよ」と答えた。


写真上:右からピーター・マクドナルド(ジョン・レノン役)、ダレル・デクスター首相(リンゴ・スター役)、ピーター・ケリー市長(ポール・マッカートニー役)、マイク・キャロル(ジョージ・ハリスン役)。
写真下:本物の「アビイ・ロード」。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

新民主党、東部で初の政権獲得 [ノバスコシア]

 6月9日に実施されたノバシコシア州議会選挙は、新民主党31議席、自由党11議席、進歩保守党10議席(定数52)となり、西部とオンタリオに勢力を持つ新民主党が、東部で初めて政権を握ることになった。解散時勢力は進歩保守党21、新民主党20、自由党9、無所属1、欠員1。
 新民主党は州都ハリファックスとその周辺で圧勝し、進歩保守党は地盤のメインランドの議席を多数失った。自由党はケープ・ブレトン島の地盤を死守した。新民主党は10年続いた進歩保守党政権に終止符を打つとともに、ノバシコシア州における二大政党制に風穴を開け、三党鼎立時代の始まりを告げた。ノバシコシア州は、2003年から3回続いた少数政権から、6年ぶりの安定政権に転じる。

 新民主党は1998年、カリスマ的な若い党首ロバート・チゾムの下で、それまでの3議席から与党自由党に並ぶ19議席に躍進し、政権獲得寸前まで迫った。だが翌年の総選挙では、チゾム党首に飲酒運転で起訴された過去があったことを暴露され、敗北した。チゾム党首が辞任すると、党はその後党内抗争の時代を迎えた。だが2001年に就任したダレル・デクスター党首は、長い診療待ち時間と緊急棟閉鎖などの医療サービス低下や、ガス代高騰など生活に密着した問題に取り組み、有権者の心を掴んだ。
 選挙戦は、与党進歩保守党が「危険な新民主党」はバラマキ政治で財政を破綻させるとラジオで連呼し、新民主党への組合献金疑惑も取り上げ、端からネガティブ・キャンペーン一色となった。ロドニー・マクドナルド首相は、デクスター党首を車泥棒に譬えた。だがデクスター党首は、次年度の予算は赤字にしないと公約し、穏健な中道の政策に徹した。
 歴史的な勝利を受けて、デクスター党首はこうコメントした。
「ノバスコシアの市民は今日、歴史的な選択をした。私は真摯に、新民主党の新しい責任を担っていく。」
 敗れた進歩保守党のマクドナルド首相は「ノバスコシアの市民は、今こそ変わるべき時だと言っている。その決定を受け容れることは容易ではないが、私はその決定を尊重する。(While it's not an easy decision to accept, it is a decision I respect.)」と語った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

レノア・ザンのトップレス写真流出について謝罪 [ノバスコシア]

2711814 ノバスコシア州議会選挙は6月に実施されると見られているが、新民主党のレノア・ザン候補のトップレス写真が自由党員によってマスコミに送られた事件について、自由党のスティーブン・マクニール党首が謝罪した。
 女優・声優としても知られるザン候補の写真は、テレビ番組「ザ・Lワード」から撮られたもので、新民主党が彼女をトルーロ=バイブル・ヒル選挙区の候補と発表した日に送られた。
 ザン候補はマクニール党首の謝罪を受け容れると語ったが、彼女の言葉で言う「汚い政治」への憤りを隠さなかった。
「誰がやったのかを誰も知らない。誰がやったのかを誰も言わない。事実は彼らがやったということ、そして彼らは彼らの理由のゆえにそうしたということだ。それは汚い政治である。」
 彼女は、自分がやってきた仕事を何ら恥じてはいないが、敵が自分の経歴の一部を悪意に利用するかもしれないと語った。


写真:レノア・ザン。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
ノバスコシア ブログトップ
著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る