So-net無料ブログ作成
2008年下院選 ブログトップ
前の20件 | -

3選挙区で票の数え直し [2008年下院選]

 選挙管理委員会は、10月14日の総選挙に関し3つの選挙区で票の数え直しを行うと発表した。
 プリンスエドワード島州エグモント選挙区において、キース・ミリガン候補(自由党)は8060票を獲得し、8122票のゲイル・シー候補(保守党)に62票差で敗れたが、票の数え直しを要求した。
 オンタリオ州キチナー=ウォータールー選挙区ではピーター・ブレイド候補(保守党)が21871票を獲得し、21798票のアンドリュー・テレグディ候補(自由党)を73票差で破ったが、クレームがなくても自動的に票の数え直しを行わなければならない。
 バンクーバー・サウス選挙区では、元ブリティッシュコロンビア州首相ウジャール・ドサンジ候補(自由党)が16101票を獲得し、16068票のウェイ・ヤング候補(保守党)を33票差で破ったが、これも自動的に票の数え直しを行わなければならない。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

保守党は真に勝利したか:もう使えない解散カード [2008年下院選]

 ハーパー首相は勝利宣言し、ディオン党首は新聞で辞任を報じられ、あわてて秘書が否定した。保守党も自由党もともに掲げた目標を達成できなかったわけだが、保守党の勝利は果たして真の勝利と言えるだろうか。
 保守党は西部を基盤にしており、ケベック州とは歴史的に敵対してきた。今回総選挙でも、保守党の支持率が全国的に高くてもケベックに浸透するのは容易でないことが示された。また保守党はもっぱら地方で支持されており、大都市MTV(モントリオール・トロント・バンクーバー)では支持されていない。今回獲得した143議席は、保守党が獲れる限界を示しているのではないだろうか。
 議席の4分の1を占めるケベックで、ケベック連合が一定の議席を占める限り、何回選挙をやっても過半数は獲れそうにない。安定政権を樹立できるのは、ケベックで勝てる党だけである。となると、ケベック連合はケベック州だけの党だから、自由党以外ないと結論づけざるを得ない。

 2006年総選挙で保守党は124議席を獲得したが、議席率40%は史上最小政権であった。いっぽう最大野党自由党は103議席もあったのに、弱い保守党政権を延命させたのは、ディオン党首に人気がなく、解散に追い込んでも選挙に勝てる自信がなかったからである。だがディオン党首はまもなく辞任するだろう。より強いリーダーを据えた自由党に、同じ手は通用するだろうか。自由党は、人気のない党首に引導を渡せただけ得をしたかもしれないのだ。
 今や自由党はこれ以上議席を減らす心配がなく、むしろ保守党が減らす心配をしなければならないだろう。引き続き少数政権を余儀なくされたハーパー首相は、果たして解散カードを切れるのだろうか。1年以内の解散・総選挙に、総督は勅許を与えないだろう。「少数与党では運営できないので解散したい」などと首相が言おうものなら、「解散して過半数獲れる見込みはあるのか」と言われかねない。逆に「少数与党で運営できないなら辞職しなさい」と言質を取られ、野党3党首を総督官邸に呼び、左派連合政権に組閣を命じるだろう。ハーパー首相は今回切り札の解散カードを切ってしまい、それでいて過半数を達成できなかったため、当分の間解散カードを封じ込められ、かえって窮地に陥る可能性がある。自由党はこれ以上落ちるところがないところまで落ち、怖いもの無しである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

保守党少数政権再び [2008年下院選]

221150910月14日に行われた第40回カナダ総選挙の結果は以下の通り。 ( )は解散時勢力。
定数     308(308)
保守党    143(127)
自由党    76(95)
ケベック連合 50(48)
新民主党   37(30)
緑の党    0(1)
無所属    2(3)
欠員      (4)

 ケベック連合(Bloc Québécois)が保守党過半数を阻止(block)した。過半数獲得のため解散に打って出たハーパー首相の標的は、保守党が歴史的に苦手としてきたケベック州だった。解散直後の風向きは良く、首相はケベックでの議席倍増を目論んだ。だがケベック連合は、ハーパー政権の芸術助成削減と少年犯罪厳罰化について執拗な攻撃を加え、ケベックでの支持率を40%の大台に乗せ50議席を獲得した。いっぽう保守党は選挙終盤に金融危機にみまわれ、ケベックでの支持率は20%台を割り込み、前回と同じ10議席にとどまり、モントリオールでは1議席も取れず過半数の夢は潰えた。

 この4年間で実に3度の選挙があったが、いずれも少数政権を生んだ。下院議席の4分の1を占めるケベック州において、ケベック連合が40議席以上を占める限り、何度選挙をやっても過半数獲得は困難なのではなかろうか。

 ハーパー首相は8月、野党3党首を首相官邸に呼びつけ、きたる連邦議会において与党への協力を要請した。彼は初めから無理難題を言い、野党に拒否させたうえで「議会はもはや生産的ではなくなった」と称し、解散の口実としたのである。それはなぜか。4年ごとの10月に総選挙を実施する「選挙日固定法」を首相は昨年成立させており、次の選挙は2009年10月のはずだったが、その公約を反故にしてまで解散・総選挙を実施するには大義名分が必要だったからである。

 カナダは歴史的に、3つか4つの政党で運営されてきた。議会での首班指名選挙がなく、連立の習慣もないカナダでは、しばしば少数政権が誕生した。だがピアソン首相は、1963年と65年に2度の少数政権を率いたが、それらはカナダの歴史上最も生産的な政権の一つでもあった。すなわち彼は、少数政権でありながら国民皆保険制度「メディケア」、年金制度「カナダ・ペンション」、そしてメープルリーフの新しい国旗という、今日のカナダを形作る重要な案件を成立させたのである。少数政権は、必ずしも非生産的ではない。消費税減税、犯罪取締法、選挙日固定法を成立させたのはハーパー首相自身ではなかったか。

 リステリア症危機のさなかに議会を解散し、選挙期間中に金融危機にみまわれながら議会を召集できなかったハーパー首相の望みは、過半数だけだった。だが問題山積するなか、あえて解散・総選挙に打って出たものの、目標の過半数は達成できなかった。首相は引き続き、野党と協調しての政権運営を強いられることに変わりはない。300万ドルもの巨額の費用を費やして、いったい何のための選挙だったのか。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

緑の党メイ党首落選、議席ゼロに [2008年下院選]

 緑の党のメイ党首は、ノバスコシア州セントラル・ノバ選挙区において1万2620票(32.2%)に終わり、1万8239票(46.6%)を獲得した保守党のピータ・マッケイ候補(国防大臣)に敗れた。そして緑の党の候補者は、唯一の現職ブレア・ウィルソン議員も含め全員が落選した。
 メイ党首は選挙事務所で言った。「今夜ここにいるみなさんは、国民に注目される変化を作りました。正しい理由のゆえに、正しいことをするために。」
 メイ党首は2006年にはオンタリオ州ロンドン選挙区の補選に出馬し落選しているが、年老いた父親と暮らすためノバスコシア州に留まり、補選か次の総選挙に備えるという。
 聖フランシス・ザビエル大学で政治学を教えるジム・ビッカートンは、党の基礎を築くため、メイ党首が議会の外に残るのはよいことかもしれないと語った。
「彼女は、今まで誰にもできなかったレベルにまで党を導いてきたじゃないか。私は、緑の党はこの国に定着したと思う。」
 彼女は選挙期間中、化石燃料で飛ぶ飛行機を避け、鉄道で大陸を横断した。テレビ討論での彼女の元気なパフォーマンスは、党の支持率を最高で13%にまで押し上げた。投票日には、他人の母親を投票所に行かせるためベビー・シッターまで引き受けた。緑の党は議席を得られなかったものの、2006年に記録した得票率4.5%を上回る6.8%の得票を得た。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

総選挙開票始まる [2008年下院選]

 東西に広いカナダでは最大5時間半もの時差があり、かつて西部の有権者は投票締め切り前に、東部の選挙結果を見てから投票することができた。というより、自由党は東部・中部に強い地盤を持つため、中部の開票が始まった時点で選挙が実質的に終わってしまうこともしばしばあったのである。
 選挙法329条の規定により、今年の第40回連邦議会選挙では、全ての選挙区で投票が締め切られるまで選挙結果を公表しないことになった。
 だが地方のテレビ局は、投票締め切り30分前から選挙報道を開始するので、西部の有権者が何らかの方法で東部の状況を知ることは依然として可能である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ベルネール文化遺産相、自党に投票せず [2008年下院選]

 保守党のジョゼ・ベルネール文化遺産大臣は10月14日の投票日、保守党候補に投票しなかった。
 彼女はこの日、自分の住むケベック州ポンヌフ=ジャック・カルチェ選挙区で投票を終えたが、そこは強力な無所属候補アンドレ・アルチュールの選挙区で、彼は議会ではいつも保守党と歩調を合わせているので、そこは全国で唯一保守党候補のいない選挙区となっていた。
 選挙法10条の規定によると、下院議員は自分の居住区か、自分が選出された選挙区か、オタワの事務所所在地で投票するのを認めているが、彼女はそれを知らなかった。
 ケベック州では保守党候補が、圧倒的な支持を持つケベック連合の前に苦戦しているが、彼女自身はルイ・サンローラン選挙区で当選が確実視されている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

【共同通信飛ばし記事】カナダ総選挙を日本のメディアはどう伝えたか [2008年下院選]

【ニューヨーク12日共同】カナダ、14日に総選挙 金融危機で政権交代も
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/53229
>カナダで14日、下院(定数308)の総選挙が行われる。金融危機への対応に批判が強まっているハーパー首相率いる与党保守党は支持率を落としており、最大野党の自由党が政権を奪回する可能性が出ている。
>金融危機ではカナダも株価が急落するなどの影響が広がっているが、ハーパー政権はカナダ経済自体に問題はないとして対策も限定的。自由党のディオン党首は「首相は役目を怠っている」と非難している。
>今月6日実施の世論調査で、各党の支持率は保守党33%、自由党29%。新民主党20%など。
>カナダでは選挙の結果、過半数を占める政党がない場合も連立などの手法は取られず、第1党が政権を組むのが伝統的。2006年の総選挙で勝利した保守党も少数与党政権となった。
>ハーパー首相は9月7日、40%前後の支持率を頼みに下院解散に踏み切ったが、金融危機が深刻化した同月末以降、急速に支持率を落とした。


【10月13日AFP】カナダ、14日に総選挙 与党・保守党が勝利か
http://www.afpbb.com/article/politics/2528128/3422193
>カナダでは14日、総選挙が行われる。選挙では与党・保守党の勝利が予想されているものの、同党は世界的な金融危機への対応で有権者の信頼を得ることはできていないとの見方が強い。
>2006年1月以来政権を握っている保守党のスティーブン・ハーパー(Stephen Harper)首相は、ライバルの野党・自由党のステファン・ディオン(Stephane Dion)党首に10%強のリードを保っている。
>ディオン党首は総選挙の最大の目玉として、新たな環境汚染税を導入するために所得税や法人税を大幅に減税する、近年のカナダ史上最も大規模な税シフトの売り込みに躍起になっている。
>自由党は最終週になり、保守党との差を縮めてきているほか、3つの左派政党も追い上げをみせている。しかし、11日に行われた世論調査では、少数与党政権として保守党が勝利すると予測されている。
>■争点はやはり経済
>野党は、ハーパー政権の「現状維持」路線や、株式市場の急落は投資家にとって買い時だとした発言をやり玉に上げている。
>自由党や、初の首相選出を望む新民主党、ケベック連合、緑の党など野党各党は今週、ハーパー首相は差し迫った経済問題への対処法をもっていないとして、与党への攻勢を強め始めた。
>総選挙の争点としては、公的医療部門や司法制度や銃規制の強化、気候変動の抑制、カナダ軍のアフガニスタン撤退などが挙げられているが、最大の争点はやはり経済問題となっている。


共同通信は明らかに情報が遅れています。保守党と自由党の支持率が伯仲したのは10日ごろ。その後保守党の支持率は上昇し、政権交代の可能性は万に一つもありません。自由党は大敗します。
日本のメディアで、カナダ情報に最も詳しいのは当ブログです。当ブログは、総選挙の結果について日本のどのメディアよりも早く情報をお届けします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

保守党過半数にあと一歩:各党首、選挙後の去就を語る [2008年下院選]

 イーコス・リサーチ社が10月10日に行った政党支持率調査は、保守党36%、自由党24%、ケベック連合10%、新民主党19%、緑の党11%という結果となった。これを下院議席308に当てはめてシミュレーションすると、保守党は過半数に3議席足りない152議席で、以下自由党60議席、ケベック連合57議席、新民主党39議席、緑の党0議席という結果が出た。
 一時は絶望視されていた保守党過半数の可能性が見えてきたと同時に、仮に過半数にわずか足りなかったとしても、他党から議員を引き抜けば過半数も夢ではない。
 保守党過半数割れの場合は、野党が協力すれば内閣不信任できる状況は現状と変わらないが、今までは3ケタの最大野党自由党が中心だったのに対し、総選挙後はどの野党も保守党の半数に満たないことになり、議会運営にも変化を及ぼすことは必至とみられる。

 ハーパー首相は11日トロント・サン紙のインタビューで、保守党勝利が炭素税を阻止する唯一の方法だと語り、もし選挙に敗北した場合は党首を辞任する考えを明らかにした。インタビュアーは、仮に自由党少数政権になっても炭素税が議会で否決されることもあり得るので、炭素税と総選挙敗北は必ずしも同義ではないと指摘したが、首相は
「私は勝つためにこの選挙を戦っている。メジャー政党が選挙で敗北した場合、その党は新しい党首を探すものだ」
と言い切った。世論調査では、保守党は少なくとも少数政権で勝利することが確実視されているので、首相の発言はおそらく、自由党が敗北した場合ディオン党首は辞任すべきだと迫ったものだろう。
 だが自由党のディオン党首は12日、CP24テレビのインタビューで「彼は弱虫の逃亡兵だ、でも私は違う」と語り、総選挙に敗北しても辞任する意向はないことを明らかにした。
 緑の党のメイ党首は12日、CTVの番組で、緑の党の候補はゲルフ、バンクーバー・センター、ブルース=グレイ=オーエン海峡、ナナイモ=アルバーニ選挙区を含むいくつかの選挙区で勝てるチャンスがあると語り、「我々は大勢の議員を擁するようになるし、議員たちに議席を私に譲るよう頼むつもりはない」と述べ、落選した場合の補選での落下傘降下を否定した。
 カナダでは与党党首は首相、野党第一党党首は公認反対党党首として、公邸やSPなど予算があてられる。彼らは議員である必要はないが、議員でないと党首討論ができないので、党首が落選した場合は、鉄板選挙区で若手議員が辞職し補欠選挙を行うのが通例である。この場合、他党は選挙運動は行わないのが慣行だ。ただし新民主党のレイトン党首は、党首に就任したとき連邦議会に議席がなかったが、補選を要求せず2004年総選挙で初当選した。
 メイ党首はノバスコシア州セントラル・ノバ選挙区において、11年間議席を保持している保守党のピーター・マッケイ国防大臣に、世論調査で7ポイントの差をつけられているにもかかわらず勝つ見込みがあると語った。
「世論調査の結果や街の雰囲気を見れば、私がマッケイ候補を破るのも夢ではないと感じています。」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

迷える無党派たちの感謝祭 [2008年下院選]

 カナダの有権者は、投票日まであと3日を残し感謝祭の食卓に向かう。彼らのうちのおよそ16%が「感謝祭ディベート」で投票を決めるだろう。彼らは特定の支持政党を持たない無党派だが、政治には関心を持ち投票はする。彼らはいつもは小さな政治的影響力しか持っていないが、今回総選挙に関しては、保守党が過半数に達するかどうかの瀬戸際にあり、彼らの行動が運命を左右することになりそうだ。
 社会学者の指摘によると、人々が決心するとき大きな影響を受けるのは、面と向かい合っている人、特に家族だという。トロント大学で社会学を教えるバリー・ウェルマン教授は、この週末に全国各地で夕食時に選挙が話題にのぼるだろうという。
 迷える有権者は誰か。心理学者は、若者、女性、土地を持たない賃借人、低学歴者、そして中道左派を挙げる。彼らは自由党・新民主党・緑の党を自由に選択できるが、また容易に意を翻すことができる。
 保守党とケベック連合の支持者は、14日に何をすればいいかを知っている。「新生」クリスチャン(注※幼児洗礼でなく信仰を自発的に持ったクリスチャン)は投票に迷うことはない。だがバンクーバー・センターのような、若者や賃借人の多い選挙区はどうだろう。自由党の現職ヘディ・フライ議員は、ブリティッシュコロンビア大学で政治学を教えるマイケル・バイヤーズ候補(新民主党)、緑の党副党首エイドリアン・カー候補、BC自由党の元州会議員でゲイのローン・メイエンコート候補(保守党)にその地位を脅かされている。自由党-新民主党-緑の党の緩やかな左派支持者は、誰に投票すべきか悩ましい。彼らの投票が誰かに偏ればその候補が勝利するが、もし彼らがきれいに分散しあるいは投票に行かなかったら、メイエンコート候補が勝利するだろう。彼らの投票はこの選挙区では、決定的な影響力を持っているのである。
 イーコス・リサーチ社のフランク・グレーブスは、新民主党と緑の党の支持者が、保守党少数政権こそが自分の支持政党の存在意義を高めると信じ、自由党よりも本来の支持政党への投票に回帰する「養子フィードバック現象」について説明する。緩やかな左派支持者は、保守党過半数も自由党少数政権も望んでいないことを世論調査は示している。彼らは金融危機、アフガン戦争、地球温暖化などの問題にも心を動かされることがない。彼らはただ現状に満足し、議会勢力の大きな変動に不安を抱くのである。
 グレーブスは、この現象が偶然に保守党過半数を許すことがありえると指摘する。これは保守党にとって最後のチャンスであり、自由党にとっては悪夢である。
 投票日まであと3日。決定的影響力を持ちながらいまだに投票を決めかねている都市部の無党派に対し、各党はどうアプローチすべきだろうか。専門家は指摘する。保守党が最後にすべきことは、過半数への希望を語り続けることである。自由党が最後にすべきことは、自分たちこそが保守党過半数を阻止する唯一の選択だと訴えることである。新民主党が最後にすべきことは、保守党過半数について何も言わないか、自由党を批判することである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

メイ党首ついに「戦略的投票」に言及 [2008年下院選]

 総選挙まであと2日に迫った10月12日、メイ党首はついに「緑の党支持者は保守党政権を終わらせるため、いくつかの選挙区においては新民主党もしくは自由党に投票すべきである」と発表した。しかしディオン党首の言う、全国的レベルでの自由党への投票についてはきっぱりと否定した。
 メイ党首は「どの選挙区かを特定はしないが、それは選挙区のおおむね20%にあたり、ほとんどはオンタリオである」と説明した。それは下院308選挙区のうち、およそ60にあたる。
 地球温暖化に危機感を抱く3人の科学者、ビクトリア大学のアンドリュー・ウィーバー、トロント大学のウィリアム・ペルティエ、カールトン大学のジョン・ストーンは11日、記者会見で、保守党候補を落選させるに十分な緑の党支持者のいるいくつかの選挙区が、南オンタリオとブリティッシュコロンビアにあると指摘し、具体的にオンタリオ州オークビル選挙区を挙げ、メイ党首はそこでは自由党に投票するよう指示すべきだと勧告した。
 これらの動きを見て、シムコー・ノース選挙区のバレリー・パウエル候補は憤りをあらわにした。
「メイ党首のやり方は汚いと思う。私は彼女が最高の首相だと考えている。そして、我々はできるだけ多くの当選者を出すために働き続けるのだということを胸に刻む必要がある。」
 だがメイ党首は、彼女の声明の全文を読んだうえで反論した。
「もし私がレイトン党首のように単純で偽善者で、地球環境の維持より個人的野心を優先し、ハーパー氏が再び政権に就くのを何とも思わないならば、彼女の言い分は正しいだろう。でも私はそんな人間ではない。私はバレリーを愛している。」
 「戦略的投票」についてはかねてより噂があり、また党内ではこれに強い反対がある。2007年党首選ではデビッド・チェルヌシェンコ候補が、メイ氏は2006年総選挙においていくつかの選挙区で候補に棄権するよう頼んだとして非難した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

保守党少数政権・自由党惨敗を予測 [2008年下院選]

 総選挙最後の週末を控えた10月8日、アンガス・リード社が2000人のカナダ人を対象に行った政党支持率調査は、保守党35%、自由党27%、新民主党19%、緑の党10%、ケベック連合9%という結果となった。これを受けて同社のマリオ・カンセコ氏は、かつてハーパー首相の手の届く位置にあった過半数は遠く過ぎ去ったと断言した。
 金融不安が最高潮に達した今週、保守党は低下する支持率を週末にようやく食い止めたものの、過半数に達するにはケベックとオンタリオの二大州での支持率が芳しくない。ケベックでの保守党支持率は、22%にまで落ち込んで自由党に並ばれており、ケベック連合の39%に遠く及ばない。新民主党は13%、緑の党は4%である。
 いっぽうオンタリオでの保守党支持率は37%で、自由党の33%に対し、2週前には12ポイントあったリードはわずか4ポイントにまで縮まった。新民主党は21%、緑の党は9%である。
 市外局番416のグレーター・トロントは自由党の地盤であり、その支持率は41%にも達している。保守党はわずか24%であり、新民主党の29%をも下回っている。緑の党は6%である。
 だがオンタリオ州オシャワからナイアガラ半島に至る市外局番905地域では、保守党に一定の支持がありその支持率は37%で、自由党の33%をわずかに上回っている。新民主党は18%、緑の党は12%である。

 だがオンタリオでは、自由党に最後の切り札がある。それは新民主党と緑の党支持者による「戦略的投票」である。緑の党支持者の44%と、新民主党支持者の30%が他党に投票する可能性があると回答している。新民主党支持者の40%は自由党を次善の選択と考え、緑の党支持者の35%は新民主党を、27%は自由党を次善の選択と考えている。世論調査会社ストラテジック・カウンセル社のティム・ウールステンクロフト氏は、多くのカナダ人有権者が感謝祭の祝日を、誰に投票すべきかについて考えることに費やすだろうと語った。

 モントリオールの新聞「ラ・プレス」は、1500人のカナダ人を対象に行った世論調査に基づき、総選挙の議席を保守党140、自由党60、ケベック連合57、新民主党50と予測し、保守党が引き続き少数政権を維持するだろうと報じた。解散時勢力は保守党127、自由党95、ケベック連合48、新民主党30、緑の党1、無所属4、欠員4であるから、自由党だけが議席を減らすということになる。ケベック連合がケベック州だけで57議席を獲得するのに対し、自由党は全国でもわずか60議席しか獲得できず、下手をすると公認反対党の地位を失うこともありえる。新民主党は大躍進で、過去最高だった1988年総選挙の43議席をも上回る見込みである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

選挙戦終盤、野党の支持者争奪戦に [2008年下院選]

 カナディアン・プレスの世論調査によると、株価の下落がクライマックスを迎えた今週、保守党の支持率も下落を始め一時は31%にまで低下したが、現在は下落に歯止めがかかり32%となった。対照的に自由党は支持率が急上昇して27%にまで迫り、以下新民主党19%、緑の党12%、ケベック連合8%となっている。
 ケベック州ではケベック連合が圧倒的な支持を集めているため、大量議席獲得が絶望となった保守党は、オンタリオに総力を注いでいる。その注目のオンタリオでは、自由党の支持率が32%と、保守党の28%を凌いでいる。
 男性の支持率では、保守党が42%から35%へ低下するいっぽう、自由党が19%から26%へ上昇し、7%の有権者がそっくり保守党から自由党へ移動したと考えられる。自由党はさらに、保守党と新民主党から女性有権者の支持も奪っている。

 連邦議会に議席を持つ5党のうち、野党4党は左派政党である。過去の総選挙では、選挙戦終盤になると新民主党の支持者が自由党支持に回るという現象が見られた。今回総選挙も残りあと5日となり、政策的に類似する野党4党は、互いへの批判を強めている。
 自由党のディオン党首が「グリーン・シフト」を掲げているせいか、緑の党は目標の12人当選を実現するため、ハーパー政権打倒を企図した自由党への「戦略的投票」を行わないよう指示している。にもかかわらず9日、ケベックで当選が絶望視されている候補2人が棄権し、自由党への投票を呼びかける事件が起こっているが、これは本部に背いた支部の造反なのか、それともそうと見せかけた公認の自由党支持行為なのかは不明である。
 自由党のディオン党首は、ハリファックスでの演説で新民主党を強く批判した。彼は、
「国民は、ジャック・レイトン氏が首相になれないことを知っている。レイトン党首は国民の雇用を守ると言っているが、新民主党へ投票することは、1つの仕事を守るだけである。それはスティーブン・ハーパーの仕事である。」
と語った。そして緑の党支持者を意識してか
「カナダには、私より緑の首相は現われないだろう」
とも語った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

緑の党候補が棄権し自由党を支持 [2008年下院選]

 今回総選挙で初の当選者を切望する緑の党のメイ党首は、ハーパー政権打倒の目的で自由党に投票することはしないよう支持者に呼びかけているが、ケベックの候補2名が10月9日、この指示に背いて選挙を棄権し、支持者に自由党への投票を呼びかけた。
 棄権したのは、ロンゲイユ=ピエール・ブッシェ選挙区のダニエル・モロー候補と、モンマーニ=リスレ=カムラスカ=リビエール・デュ・ルー選挙区のクロード・ゴーモン候補。両選挙区とも2006年総選挙では、ケベック連合が圧勝している。
 モロー候補は、記者会見で以下のように述べた。
「自分が落選することはわかりきっており、そして自分の最大の目標はハーパー政権を終わらせることだから、自由党のライアン・ヒラー候補を支援するのが最善だと考えました。新民主党は、自分の選挙区で緑の党より支持率が低いので選びませんでした。」
「私は心から自分自身に問いかけました。自分は今、環境のために何ができるでしょうかと。自由党はマニフェストで、緑の党の炭素税に類似した政策(筆者注※「グリーン・シフト」)を提示しています。私たちは現実的にならなければなりません。もし私が10%も得票できれば結構なことですが、それでは十分ではないのです。」
 彼女はさらに、
「これは、私と支持者の間で決めたことです。メイ党首にはまだ知らせていません。メイ党首はハーパー政権の存続を望んでいませんので、おそらく私の決定を容認するでしょう」
 メイ党首と自由党のディオン党首は、互いの選挙区に候補を立てないこと以外に何の取引もしていないとコメントした。だがこの協定が結ばれてから、両党の間には裏取引があるとささやかれ、ハーパー首相も、選挙戦終盤になればメイ党首は自由党支持を打ち出すだろうと予告していた。
 唐突に支持されたライアン・ヒラー候補は、
「私はモロー候補の勇気を讃えたい。彼女は党利党略よりも、大局的利益を強調することで己の信念を示したのだ」
と語った。
 緑の党のジョン・ベネット広報担当は、
「両候補がした行為は、カナダ緑の党の方針ではない。もし2人が本部に相談していたら、我々は思いとどまるよう説得しただろう。彼女たちは党の方針を完全に誤解している」
とコメントした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

保守党過半数は微妙な状況に [2008年下院選]

 テレビ党首討論を終え、ハーパー首相は視聴者に好評だったにもかかわらず、保守党の支持率はわずかに減少し、35%となった。世論調査機関のブルース・アンダーソン氏は、過半数には少なくとも35%以上が必要だと指摘しており、保守党が目指す過半数獲得は微妙な状況となってきた。
 保守党の支持率は、最も必要とされているケベックとオンタリオの2州で伸び悩んでいる。ケベックでの保守党支持率は27%と、ケベック連合の40%に大きく引き離されており、選挙期間中一環して自由党をリードしてきたオンタリオでの支持率は、今や31%で並ばれている。
 アンダーソン氏は「テレビ討論は、両州に関しては効果がなかった」と指摘した。ハーパー首相はケベックでは、少年犯罪と芸術助成削減についてケベック連合から執拗な攻撃を受け、不況が最も心配されるオンタリオでも、ハーパー首相は株式市場が800ポイントも下落した日に、何ら新しい対策を打ち出そうとはしなかった。
 いっぽう自由党の支持率低下も歯止めがかからず、22%にまで下落した。新民主党は上昇を続けついに20%の大台に達し、自由党に並ぶ勢いである。女性における自由党支持率が3%低下するとともに、新民主党支持率は3%上昇しており、自由党の支持率低下と新民主党の上昇は、女性票によるものと考えられる。




 9月22日に確定した各党の立候補者数は以下の通り。( )は現有議席数。
保守党:307(127)
自由党:307(95)
ケベック連合:75(48)
新民主党:308(30)
緑の党:303(1)
無所属:71(3)
クリスチャン・ヘリテージ党:59(0)
〔マルクス=レーニン主義〕共産党:59(0)
リバタリアン党:26(0)
カナダ共産党:24(0)
カナダ行動党:20(0)
進歩カナダ党:10(0)
マリファナ党:8(0)
ネオ・サイ党:7(0)
カナダ先住民党:6(0)
動物同盟・環境有権者党:4(0)
ニューファンドランド&ラブラドル第一党:3(0)
人民の政治権力:2(0)
西部ブロック:1(0)
労働短縮党:1(0)

 保守党は、ケベック州ポンヌフ=ジャック・カルチェ選挙区以外の全ての選挙区に候補を立てている。そこは有名なラジオ・パーソナリティのアンドレ・アルチュール(無所属)の選挙区である。
 自由党は緑の党との協定で、メイ党首のノバスコシア州セントラル・ノバ選挙区以外の全ての選挙区に候補を立てている。ただし、マニトバ州キルドナン=セントポール選挙区のレズリー・ヒューズ候補は後に公認を取り消され、事実上は無所属だが登録上は自由党候補のままである。
 新民主党は308の全ての選挙区に候補を立てている。ただし、ブリティッシュコロンビア州サーニッチ=ガルフ諸島選挙区のジュリアン・ウェスト候補は、サマーキャンプで児童の前で裸になった事件のため出馬を辞退している。またオンタリオ州ダラム選挙区のアンドリュー・マッキーバー候補は、SNS掲示板での脅迫的投稿のため出馬を辞退している。両名とも登録上は新民主党候補のままである。
 前回全ての選挙区に候補を立てた緑の党は、今回自由党との協定で、ディオン党首のサン・ローラン=カルチェビル選挙区を除くほとんどの、303選挙区に候補を立てている。
 ケベック連合は結党以来、ケベックの75選挙区全てに候補を立てている。ケベック州以外では候補者はいない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

カナダ党首討論、米副大統領候補討論と同日に放送される [2008年下院選]

2172586 カナダ人の多くはアメリカ政治に強い関心を寄せてきたが、今年の秋は両国でほぼ同時に選挙が実施され、両国のテレビ討論が10月2日の同じ日に放送された。セーラ・ペイリン知事とジョー・バイデン上院議員の両副大統領候補によるテレビ討論は世界的な関心を集めたが、カナダ人の多くは同日行われたカナダ総選挙のためのテレビ党首討論を視ていたことが判明した。
 CTVの調査によると、アメリカ副大統領候補討論を視たカナダ人は1分当たり165万人に対し、カナダ党首討論を視たカナダ人は1分当たり300万人、のべ人数では790万人にも達し、その比率はトロントで1:3、バンクーバーで1:4、カルガリーで1:3.5となった。
 いっぽうアメリカでは、9月26日に行われたジョン・マケインとバラク・オバマ両大統領候補の討論を視た人が42%だったのに対し、ペイリンとバイデン両副大統領候補の討論を視た人は55%にものぼった。
 黒人大統領と女性副大統領はいずれも前例がなく、視聴率を劇的に上げる効果があった。今回カナダ党首討論に初めて出演する緑の党のメイ党首も女性であり、カナダの救世主になるかもしれないという期待はあったものの、視聴率においても議論のインパクトにおいても大きな効果をもたらすことはなかった。
 メイ党首は「私は、人々がカナダのテレビ討論を生放送で視て、それからアメリカの討論をYouTubeで視ることを期待しています」とコメントした。なおすでに報じたとおり、ハーパー首相とレイトン党首はメイ党首の出演に強く反対していた。
 放送作家のデニス・マクグレイス氏は、「私はペイリンの討論を視ますよ。人々はペイリンの振る舞いに興味を抱いているし、多くのカナダ人も視ているはずです」と語り、カナダ5大ネットワークを「ぼんくら」と言い放った。


 カナダ総選挙の重大な折り返し点であるテレビ党首討論は10月1日と2日、初日はフランス語で2日目は英語で行われた。今回のテレビ討論では全員が英仏二言語を話したものの、ディオン党首とデュセップ党首はフランス語を母語としており、英語討論ではかなり苦心したようだ。なお過去の出演者では、キャンベル首相(進歩保守党)とマニング党首(改革党)はフランス語を話せなかった。
 イプソス・リード社による「フランス語のテレビ党首討論で誰が勝利したと思うか」という世論調査では、ディオン党首(自由党)が40%と圧倒的なリードを収め、以下デュセップ党首(ケベック連合)24%、ハーパー首相(保守党)16%、レイトン党首(新民主党)11%、メイ党首(緑の党)1%という結果となり、フランス語ネイティブの圧勝という結果に終わった。
 「英語のテレビ党首討論で誰が勝利したと思うか」という世論調査では、ハーパー首相が31%で勝利し、以下レイトン党首25%、メイ党首17%、ディオン党首11%という結果となった。
 ハーパー首相は、英語討論においてもフランス語討論においても、4人の野党党首からアメリカ金融危機において何の対策も採らなかったと集中的に非難された。デュセップ党首は、イラク戦争について突っ込んだ質問をし、ハーパー首相に「大量破壊兵器に関する分析が正しくなかったことは明らかであり、アメリカ率いる多国籍軍によるイラク侵攻は誤りだった」と認めさせた。メイ党首は「あなたは当時首相でなかったし、誰もイラクには行かせなかったでしょう」と弁護した。
 またデュセップ党首は、野党3党首を指して「私はあなたたち3人が首相になれないことを知っている。あなたたちのうち何人かもそれを知っているのに、それを口にしない」と語った。
 レイトン党首は、ハーパー少数政権を内閣不信任せず延命させたとして、公認反対党党首のディオン党首を非難した。


写真:討論に臨む各党党首。左からレイトン党首(新民主党)、ディオン党首(自由党)、ハーパー首相(保守党)、メイ党首(緑の党)、デュセップ党首(ケベック連合)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

自由党、激戦区で惨敗の見込み [2008年下院選]

 グローブ&メイル紙は、2006年総選挙または最近の補欠選挙において最も接戦となったブリテュッシュコロンビアの10選挙区、オンタリオの20選挙区、ケベックの15選挙区で引き続き支持率調査を行った。その結果、接戦選挙区で保守党が16議席増加するいっぽう、自由党は16議席を失い、45選挙区中わずか1議席しか獲得できない見込みとなり、自由党惨敗が予測される結果となった。自由党の支持率は低下を続けており、これら45の接戦区が真っ先に自由党から保守党の手に落ちると考えられ、保守党はこれらの接戦区において重点的に運動してくるものと見られる。
 これらの45選挙区は、前回2006年総選挙では保守党16議席、自由党17議席、新民主党4議席、ケベック連合8議席だったところだが、調査の結果保守党32議席(+16)、自由党1議席(-16)、新民主党3議席(-1)、ケベック連合9議席(+1)となる見込みである。緑の党は議席を得ることはできない。

2155616 ブリティッシュコロンビアの10選挙区では、保守党は10議席(前回2)全てを獲得する見込みであり、自由党は0議席(前回6)、新民主党も0議席(前回2)となり、保守党圧勝となる。

 オンタリオの20選挙区では、保守党は17議席(前回10)獲得の予定で、自由党は1議席(前回9)、新民主党は2議席(前回1)の見込みであり、自由党は基盤のオンタリオで大敗が予想されている。
2155618 オンタリオ州オシャワからナイアガラ半島に至る市外局番905地域とオンタリオ南西部の519地域において、2006年総選挙以降の政党支持率を調査した結果、905地域では保守党が9%上昇するいっぽう、自由党は6%低下した。また519地域では保守党が5%上昇するいっぽう、自由党は7%低下した。これをもとにシミュレーションを行った結果、905地域では保守党は自由党から3議席、新民主党から1議席を奪い4議席増加、519地域においても同様に保守党が自由党から3議席、新民主党から1議席を奪い4議席増加という結果が出た。

2155620 ケベックの15選挙区では、保守党5議席(前回4)、自由党0議席(前回2)、ケベック連合9議席(前回8)、新民主党1議席(前回1)の見込み。自由党の2議席はケベック連合のものとなり、ケベック連合の1議席は保守党のものとなる。ケベックでは議席の変動はほとんどなく、保守党が目論むケベックでの大量議席獲得は難しい。保守党はモントリオールで議席を獲得できず、モントリオール島の外側でもわずか1議席しか獲得できない。



図:上から順にブリティッシュコロンビア州、オンタリオ州、ケベック州の政党支持率推移。青は保守党、赤は自由党、オレンジは新民主党、茶はケベック連合、緑は緑の党。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

9・11陰謀論で自由党候補が公認取り消し [2008年下院選]

 ウィニペグ大学教員でジャーナリストのレズリー・ヒューズは、2003年に書いたコラムについての批判を受け、9月26日ウィニペグでの自由党公認を取り消された。
 そのコラムは、2001年9月11日の同時多発テロに関するもので「イスラエル情報部がアメリカに世界貿易センターへの攻撃を提案した。イスラエル企業は事前に警告を受けたため、従業員をビルから避難させた」というものである。
 ヒューズ候補は発言を謝罪し、また大学でホロコーストについても教えてきたと抗弁し立候補辞退を拒否していたが、カルガリーの保守党候補者が「犯罪を行っているのはあなたの近所で生まれた人ではない」と発言したことや、リッツ農相の悪質なジョークについて自由党が攻勢を強めていくうえで、ディオン党首は障害になるものとみなしたと思われる。ディオン党首は、
「寛容と多様文化主義への自由党の取り組みは、格別なものである。私はレズリー・ヒューズ候補の過去のコメントを閲覧したが、それが党のスタンダードに合致しないことは明らかである。私は彼女の謝罪を評価するが、どう転んでもそれらの感情を許すことはできない。ゆえに私は、ヒューズ候補にキルドナン=セントポール選挙区での立候補を取りやめるようお願いした」
と発表した。
 これを受けてカナダ・ユダヤ協会のバーニー・ファーバー代表役員は、
「ディオン党首は、やるべきことを正確に行った。レズリー・ヒューズ候補は、いかなる状況においても越えてはいけない一線を越えたのである。このような不快で危険な反ユダヤ陰謀論の居場所など、カナダにもどこにも存在しない」
とコメントした。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

レイトン党首、自由党との連立を示唆 [2008年下院選]

 新民主党のレイトン党首は、保守党政権を終わらせるためには自由党との連立にやぶさかではないと、9月22日CTVの番組で語った。
「私はいかなる党ともともに働いてきたし、人々はそれを見てきたと思う。そして我々が抱えている問題はスティーブン・ハーパーと保守党だ。彼らはカナダをジョージ・ブッシュの誤った道へ導いてきた」。
 しかし、もし両党が保守党より多くの議席を獲得した場合、正式な協定締結に踏み込むかどうかについては、
「私がするべきことは、願わくば私が総理の椅子に座り、我が党の指導力を発揮することだ」
として、明言を避けた。
 だが保守党のジェームズ・ムーア公用語・アジア太平洋・オリンピック担当大臣は「レイトン党首はついにカバンの中から猫を出した。彼の発言は、新民主党がその公約を放棄して自由党の炭素税創設に加担することを意味するものだ」と批判した。

 カナダでは、下院選挙の第一党党首を総督が首相に指名するのが慣例であり、連立の習慣がない。第2党以下が連合して第一党を上回った場合は、判断が難しい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

NDP、マリファナ党との取引を否定 [2008年下院選]

2130704 新民主党(NDP)のレイトン党首は9月20日、噂されているマリファナ党との取引を否定し、また先週2人のマリファナ活動家が立候補を辞退したのは強制したものではないと語った。

 ブリテュッシュコロンビアの著名なマリファナ活動家マーク・エメリー氏は、自ら創設したバンクーバーのウェブサイト「ポットTV」において、新民主党がマリファナ合法化へ尽力することと引き換えに、巨額の献金を払いマリファナ党の党員を入党させる取引を2003年にレイトン党首と結んだと主張した。ところがその疑惑が取り上げられている最中、ウェストバンクーバー=サンシャインコースト=シー・トゥー・スカイ・カントリー選挙区の候補者デーナ・ラーセンが、勤めていた会社でコカの種子を販売した疑いが浮上し、さらにオンライン・ビデオでマリファナを吸いLSDについて語っているのが明るみに出ると、17日に立候補を辞退した。彼は「大麻カルチャー・マガジン」の編集者を務め、2001年ブリティッシュコロンビア州議会選挙においては、BCマリファナ党党首として出馬し落選していた。
2138133 19日には弁護士でバンクーバー=クォドラ選挙区の候補者カーク・タウソーが、ウェブサイト上でマリファナを吸引する映像を発見され立候補を辞退した。彼もまたBCマリファナ党の活動家であった。

 新民主党は以前から、少量のマリファナ所持解禁の政策を掲げている。同党ブリテュッシュコロンビア選挙対策本部長ゲーリー・スコット氏は、両名の辞退は党のマリファナ解禁政策の変更を意味するものでなく、今回総選挙での重要な争点であるヘルスケア、環境、雇用、消費者保護などの問題から逸脱するのは不本意だ、とコメントした。


図上:カナダ同盟が掲げた「右派合同」のパロディで「左派合同」。
図下:「言ったでしょう、NDPは本物の草の根(麻薬に根ざした)政党だって。」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ウィリアムズNL首相、“ABC”を政党登録 [2008年下院選]

2127827 ニューファンドランド&ラブラドル州のダニー・ウィリアムズ首相(進歩保守党)は9月16日、保守党過半数を阻止するための彼の“ABCキャンペーン(Anything But Conservative〔保守党以外どこでも〕)”を、諸派として選挙管理委員会に登録した。選挙法は、選挙費用を500ドル以上費やす団体に諸派としての登録を義務付けており、諸派は選挙費用を選挙区あたり3366ドルまで、総計18万3300ドルまで認められている。

 「ABCより簡単な」Anything But Conservativeキャンペーンは、2007年5月に始まった。連邦保守党は結成して日が浅く、地方に組織を持っていないため、各地の進歩保守党と連携している。だがウィリアムズ首相はハーパー首相を、進歩保守党の道をはずれ右翼にハンドルを切っていると批判した。そして2006年総選挙での約束に反し、天然資源は平衡交付金に計上しないという「大西洋協定」を破ったため、州が100億ドルもの負担を強いられることになったとき、ウィリアムズの怒りは爆発した。
 彼は15日にホームページ“AnythingButConservative.ca.”を開設し、その中でハーパー首相がひとたび過半数を獲得すれば、「右翼の改革党建設者」としての本性を顕わにするだろうと警告した。
 ABCキャンペーンについてハーパー首相は「ニューファンドランド&ラブラドルの住民に、誰も投票について指図はできない」と語ったが、彼自身が2001年アルバータ州議会選挙において、国民連合(NCC)を率いて“Vote Anything but Liberal(自由党以外どこでも)”キャンペーンを行ったのも事実である。

2127826 ニューファンドランド&ラブラドル州のキャシー・ダンダーデール天然資源大臣は、すでにセントジョンズ=サウス・マウントパール選挙区で自由党のサイオバン・コーディ候補を支援している。ところが隣のセントジョンズ・イースト選挙区では、新民主党のジャック・ハリス候補を支援している。
 新民主党の党員ナンシー・リッチは「とても奇妙だ」と語ったが、「いかなる状況でもハリスを当選させる」と言い切った。だがジム・コリンズは「連邦議会にニューファンドランドからの保守党議員がいないのは、長い目で見て良いこととは言えないのではないか」と冷静に分析した。


写真上:仲の良い保守党員2人。右はハーパー首相、左はウィリアムズ首相。写真はもちろん合成。
写真下:ニューファンドランド&ラブラドルの州鳥ツメノドリの着ぐるみを着てABCキャンペーンを訴えるウィリアムズ陣営。この写真は本物。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の20件 | - 2008年下院選 ブログトップ
著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る