So-net無料ブログ作成

新民主党と緑の党、新政権協定に合意:クラーク首相は辞任を拒否 [バンクーバーとBC]

minority-government-20170529.jpg

 新民主党のジョン・ホーガン党首と緑の党のアンドリュー・ウィーバー党首は、5月29日に共同記者会見を行い、クラーク政権を打倒し新政権を樹立する協定に合意したと発表した。これにより、新民主党政権が16年ぶりに成立することが、確実となった。新政権は連立政権ではないので、緑の党は入閣せず、新民主党の少数政権を4年間支える。
 ウィーバー党首は、新民主党と自由党の双方と交渉したと認めた。そして、自由党がキンダーモルガン・パイプラインに熱心だったことが、新民主党を選んだ理由だった。
elxnbc-lib-20170509.jpg

 これを受けて、クリスティ・クラーク首相は30日、辞任せず、議会を召集し信任投票を行う意向を述べた。
「この州で権力の移動があるなら、それは密室で起こってはならない。」
 自由党は総選挙で第一党になったため、彼女は辞任を強制されない。いったい彼女は、何を目論んでいるのだろうか。
 一つ考えられることは、わずかな時間稼ぎをすることで、副総督が議会を停会してくれたり、野党議員が一人造反してくれたり、死亡したりしてくれることを期待するかもしれないが、非常に考えにくい。もう一つは、今辞任すればホーガン党首に組閣の大命が下るが、ひとたび議会を召集したうえで信任投票を行えば、総辞職だけでなく解散・総選挙の選択肢がある。総選挙になれば、自由党は資金力で優位に立てるだろう。だが、解散・総選挙は首相の要請により副総督が行うもので、日本とは異なり首相の自由にできるわけではない。総選挙直後の解散に、副総督は同意しないだろう。そして彼女自身も、解散・総選挙を要請しないと明言した。では彼女の真意は、どこにあるのか。
 ここにもう一つの考えがある。政治評論家のデビッド・モスクロップ博士は、こう説明する。
「彼女は、非常に気前のよい予算案とスローン・スピーチ(所信表明演説)を発表するだろう。そして新民主党と緑の党に、それを不信任させる。そうすることによって、野党になったときに有利なポジションを得るのだ。」


写真上:新政権構想を発表する新民主党のジョン・ホーガン党首(右)と、緑の党のアンドリュー・ウィーバー党首(左)。
写真下:総選挙当日に勝利宣言するクリスティ・クラーク首相。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る