So-net無料ブログ作成

「ディーフェンベビー」ドライデン氏死去 [犯罪・事件]

 「ディーフェンベビー」と呼ばれ、ジョン・ジョージ・ディーフェンベーカー元首相の隠し子と噂されたジョージ・ジョン・ドライデン氏が5月1日、死去した。47歳だった。彼は過度の飲酒が原因で重篤な膵臓癌を患い、自殺に失敗して健康を損ねていた。
 彼の母が生前彼に、夫ゴードン・ドライデン氏と結婚した2・3か月後に元首相と関係を持ったことや、息子に本当の父の名は「ジョン」だと明かしたという。
 元首相は二度結婚したが、子供はできなかったことになっている。ドライデン氏はディーフェンベーカー家に、DNAサンプルを提供するよう呼びかけたが、誰も応じなかった。ところがプリンスアルバートに住むゲルツェン兄弟が、DNAサンプルの提供に応じた。兄弟の祖母メアリ・ローザ・ラマルシェ氏が、元首相の家政婦を務めていたとき関係を持ち、兄弟の父エド・ソーン氏を産んだのだという。DNA鑑定の結果は、両者が血縁関係にある強い疑いを示した。


【参照】 ディーフェンベーカー元首相に隠し子?
http://blog.so-net.ne.jp/canadian_history/2011-09-04
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る