So-net無料ブログ作成

新民主党マルケア党首を不信任、党首選へ [新民主党]

 新民主党は4月10日の党大会で、党首の信任投票を行った。党員の52%が党首選の開催を要求したため、トム・マルケア党首は後任が選出され次第退任することが決まった。
 新民主党の党首が党大会で不信任されるのは、史上初めてのことで、二大政党でもほとんど例がない。カナダ公務員組合・食品商業組合・カナダ鉄鋼労連ら6つの労組がマルケア支持を事前に表明しており、50%以上の支持は得られるものと見られていたが、反対派は70%以上の支持を要求しており、この水準をクリアできれば留任となるが、支持が50~70%の場合はあえて党首選を開催するかどうかが焦点になっていた。だが蓋を開けてみれば、50%を下回る支持しか得られない惨敗を喫した。労組トップの決定に末端の党員が従わず、造反したものとみられる。自由党員として長く活動し、学生運動も労働運動も経験のないマルケア党首への反発は、予想以上に大きかったようだ。
 また新民主党は、党内左派が提出した「跳躍マニフェスト」について、検討することを決議した。それは、映画監督アビー・ルイスと作家ナオミ・クライン夫妻によって選挙期間中の2015年9月に作られ、党内左派に支持されたもので、2035年までに再生可能資源から電力の100%を得て2050年までに化石燃料使用をやめること、パイプライン建設反対、エネルギー供給を民間企業からコミュニティに移管する「エネルギー民主主義」、地域経済を破壊する貿易協定への反対、ベーシックインカムの検討、企業課税の強化、富裕税導入、炭素税導入、石油ロイヤリティ増額、軍事費削減などが盛り込まれた、極めて左翼色の強いものである。新民主党は歴史上しばしば、政権獲得を目指し中道寄りを志向したことがあったが、選挙結果が思わしくないとこれを否定し左翼路線に回帰することを繰り返しており、今回もまさに「いつか見た光景」の再現となった。

 マルケア党首は投票前、最後の演説をした。
「我々は10月、勝利を犠牲にする過ちを犯した。私はその責任をとる。しかし我々は、挑戦することから引き下がりはしない。逆境のときでも、我々は断固として進む。たとえ人々が負け戦だと言っても。」
 彼は、自由党と保守党は企業家に忠実で、新民主党だけが格差と戦い続けていると、そして何千人ものカナダ人が仕事を失っているとき、カナダの大手銀行は昨年350億ドルの黒字を計上し、役員報酬120億ドルを支払ったと語った。
「我々は、それを受け容れない。自由党と保守党は、これがありのままの世の中だと言うだろう。彼らは、これが市場経済の回避できない結果だと言うだろう。」
 マルケア党首の支持者は何度か立ち上がって拍手したが、いっぽうでは座ったまま無表情の党員もいて、党内に深刻な分裂があることをうかがわせた。だが彼が最後の言葉を終えると、会場はスタンディング・オベーションに包まれた。
「あなたが私とともに立ち上がるなら、我々は止まることなく戦い続ける。私とともに立ち上がろう。我が党を発展させるため戦うなら、立ち上がろう。ケベックと残りのカナダの革新勢力を糾合することを望むなら、立ち上がろう。老いも若きも、あらゆる世代の新民主党員が夢見た国家を建設するため戦うなら、立ち上がろう。愛する、希望にあふれたカナダ。誰もが属し、誰もが尊重され、誰もが取り残されることのないところ。」
 投票結果は、マルケア党首続投支持が48%、党首選開催が52%と、真っ二つに分かれた。マルケア党首は「投票では分かれたが、党を分裂させてはならない」と語った。
 オンタリオ州のリンダ・ティベールさんは、党首を辞めさせるにはタイミングが悪いと指摘した。
「保守党は今、暫定党首が就いている。彼らはマルケア党首を辞めさせたいだろう。我が党も暫定党首になったら、誰が自由党を牽制するのか?」
 マルケア排除の口火を最初に切ったシェリ・ディノボ州議(オンタリオ州)は、CTVニュースで「歓喜の時」と述べた。
「我々は非常に困難な選択をし、それを成し遂げた。我々はこれからも、新民主党であり続ける。」
 彼女はまた、党創設者トミー・ダグラスが資本主義の根絶と社会主義計画経済の建設を宣言する「リジャイナ宣言」から党が離れていたと語った。

 2015年総選挙でマルケア党首が、富裕層への増税を否定し均衡予算を主張したことは、党内左派にとって新民主党の本分を外れた行為であった。そして新民主党が、あたかも「自分たちは政権与党になるのにさほど危険な存在ではない」と穏健な党であることをアピールし、従来の政策を引っ込めている間に、自由党により左寄りでより大胆な政策を採られ勝利をさらわれたことは、我慢のならないことだった。しかしマルケア党首は、ニカブ着用を養護したのが敗北の原因だと(自由党も同じ主張をしたにもかかわらず)主張し、均衡予算の誤りについて長い間認めようとしなかった。
 ところが彼は今年から、党首再選に向けて全国を駆け巡り、精力的に動いた。党内左派がマルケア降ろしを画策するのを見て、彼らを懐柔するため、それまでの主張を引っ込め伝統的左翼路線を訴え始めた。1月の幹部会では、「カナダにおける社会民主主義ビジョンを放棄しないと言うために、私はここにいる。我々は何者なのか、そして誰のために戦うのかを、見失うことはない」と述べ、新民主党が別の党に生まれ変わることによってではなく、あくまでも左翼政党として勝利を目指すと誓った。原理主義者として知られるニキ・アシュトン議員は、今にも椅子から飛び上がらんばかりに喜んだという。
 マギル大学学生会のジェイコブ・シュウェダ氏は、党首不信任に投票したと明かした。
「若い党員たちと会い、多くの『正しいこと』を主張するトムは、いったいどちらのトムなのか。選挙期間中のトムなのか、それとも党首の座にしがみつくこのごろの革新的なトムなのか。」
 2012年党首選でマルケア氏のために働いたミミ・ウィリアムズさんは、彼が総選挙時の公約を放棄したので今回は党首不信任に投票したと語った。
「もし我が党が、これまでの歩みを否定し左翼路線に後退するなら、我々は有権者に全く信用されなくなるでしょう。」
 マウント・ロイヤル大学で政治学を教えるデュエイン・ブラット教授は、マルケア惨敗への驚きを隠さなかった。
「難しい信任投票だったが、これほど低い支持率になるとは予想していなかった。私は、48%ではなく60%台と見ていた。」
 彼は不信任の理由として、マルケア党首が総選挙に敗北した結果よりも、その敗因を問題視した。また、後任党首が選出されるまでマルケア党首がその地位にとどまることについては、こう述べた。
「彼はレイムダックとなる。これは、保守党の暫定党首ロナ・アンブローズのケースとは異なる。これは党によって公的に不信任されたにもかかわらず、留任し続けるという全く異なる状況である。マルケア氏の政治生命は終わりだろう。」
 跳躍マニフェストについては、こう分析した。
「党の労働者陣営と環境陣営の間の、深刻な亀裂を見た。両者を一つにまとめるのは困難だろう。」
 アルバータ州のレイチェル・ノトリー首相は9日、パイプラインの重要性を訴え、跳躍マニフェストを採択しないよう呼びかける演説を行った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る