So-net無料ブログ作成

トルドー首相、優先順位付き連記投票を提唱 [自由党]

 トルドー首相が提唱する選挙制度改革は、新民主党が主張する比例代表制ではなく、優先順位付き連記投票である。
 それは、投票用紙に記載された候補者たちに、当選させたい順に番号を付けて投票する。1位の票数が過半数に達した候補者がいれば当選となるが、過半数に達した候補者がいない場合は、最下位の候補者を除外し、その人に投じられた2位の票数を残りの候補者に配分し、過半数を獲得する候補者が出るまでこれを繰り返すものである。
 首相は選挙制度改革について、最終的に国民投票にかけることを否定しなかった。だが住民投票は、州政府が諮問した選挙制度改革案を3つの州で否決している。
 トルドー首相は、総選挙時から優先順位付き連記投票を訴えてきたが、保守党はそれが中道の自由党に有利だとして、反対してきた。現に自由党は、保守党や新民主党支持者にとって最も人気のある第2候補であり、多くの政治アナリストたちは、優先順位付き連記投票はより自由党に有利になると指摘した。
 だが首相は、2015年総選挙において自由党が得票率39.5%で議席の54%を獲得した事実を挙げ、この改革案が自党を利するためのものだという風評を否定した。
 現行の小選挙区制では、議席を持つ政党としては、右派政党が保守党1つしかないのに対し、左派政党は自由党・新民主党・ケベック連合・緑の党と4つある。そこで緑の党のような左派の小政党支持者は、本来支持する政党に投票した結果死票になり、保守党候補が当選してしまう事態を恐れ、自由党に「戦略的投票」をした。だが優先順位付き連記投票なら、小政党であっても本来の支持政党に順位1位をつけ、自由党に2位をつけておけばいいので、小政党に有利になるという見方もある。また小選挙区制では、二大政党以外の支持者は棄権する可能性が高く、投票率向上につながると考えられる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る