So-net無料ブログ作成

投票日、ジェイズのプレーオフと同日に [2015年下院選]

2015-10-16.jpg

 トロント・ブルージェイズは10月14日、プレーオフの第1シリーズを2連敗後に3連勝して制し、アメリカンリーグ優勝決定シリーズに駒を進めた。これにより、総選挙投票日はシリーズ第3戦、地元トロントのロジャース・センターでの試合と同日となった。総選挙は例年にない接戦が繰り広げられているが、10月9日から12日までに実施された不在者投票は360万人にも及び、投票所では職員が食事も摂れないほどの事態となった。当日の投票率は、意外と低くなるかもしれない。
 ジェイソン・ケニー国防大臣は14日、苦戦が報じられている保守党(イメージカラーは青)を、ブルージェイズにたとえて演説した。
「青いチーム、彼らは後方から来た。そして、彼らは3連勝した。あたかも別の青いチームが10月19日に勝利するのと同様に。」
「それは勇気と信念を持ち、原則を守ることだ。それこそが、ジェイズが我々に教えたものであり、我々が来週の月曜日にカナダに見せるものである。」
 1993年の総選挙は、ブルージェイズが劇的な逆転サヨナラ3ランでワールドシリーズを制した2日後に実施された。当時のキム・キャンベル首相は、投票率の低下を懸念していた。進歩保守党は、キャンペーン・バスのフロントガラスに“Go, Jays, go!”のシールを貼っていた。
 2011年の総選挙では、モントリオール・カナディアンズがスタンレーカップのプレーオフに進出していたため、フランス語のテレビ討論の日程が変更された。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る