So-net無料ブログ作成

ワイルドローズ党党首にジーン元下院議員 [アルバータ]

wildrose2.jpg 3月28日に実施されたワイルドローズ党党首選で、ブライアン・ジーン元下院議員が当選した。投票資格を持つ党員は2万5000人で、ブライアン・ジーン元下院議員4792票、ドリュー・バーンズ州議3502票、ストラスコーナ郡のリンダ・オシンチャック元市長444票という結果となった。投票率は、35%という異例の低さとなった。
 オシンチャック元市長は、同性愛者と異性愛者の連帯を訴えるという、およそ保守政党とは思えない政策を掲げ当初注目を集めたものの、3人の候補には目立った政策的差は見られなかった。2014年進歩保守党党首選のとき、ジーン元議員がプレンティス候補に1万ドル献金した事実に言及したロボコールは、バーンズ陣営によって選挙期間外に行われたもので、ジーン陣営の強い反発を買い、バーンズ州議は党から罰金を科せられた。ジーン元議員はお返しにバーンズ州議を、昨年の党分裂の際、離党する議員たちを説得しなかったと非難した。
 ジーン新党首は、2004年カナダ保守党から連邦議会選挙に初当選し、連続4回当選。2014年「家庭内の事情」により政界を引退していた。彼の息子マイケルはリンパ腫を患い、先週他界した。

 政治評論家のファロン・エリス氏は、党首選の低投票率は、ワイルドローズ党がもはや与党進歩保守党にとって脅威ではないことを示していると語った。
「これは、最大野党の党首選とは思えない。人々は、これを話題にしていない。」
 州議会の任期は2016年6月までだが、ワイルドローズ党を解体したプレンティス首相は、同党に立ち直る時間的猶予を与えず、早めに総選挙を仕掛けて来るものと予想されている。ワイルドローズ党は次の総選挙を、当初フォーサイス暫定党首で戦うことにしていたが、正式な党首を選出することに方針変更した。エリス氏は、次回立候補しないフォーサイス暫定党首の下では総選挙を戦えないのだろうと説明した。
 公式野党であるワイルドローズ党は、現在議員はわずか5人で、次の総選挙に出馬を表明しているのはそのうち3人である。
 皮肉なことに、同日進歩保守党でハイウッド選挙区の予備選が実施され、現職でワイルドローズ党前党首のダニエル・スミス州議が落選した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る