So-net無料ブログ作成

「首相ママ」が宣誓、クラーク内閣発足 [バンクーバーとBC]

64a84f87465f8202972000b603a9.jpg

 3月14日、辞任したゴードン・キャンベル首相に代わり、クリスティ・クラーク党首がブリティッシュコロンビア州首相に指名された。彼女はスティーブン・ポイント副総督に宣誓し、閣僚名簿を発表した。
 閣僚数は、HST導入による事実上の増税への強い批判に対し、倹約の精神を示して23人から18人に減らされた。女性閣僚は7人で、日系人初の州会議員となったナオミ・ヤマモト議員を含んでいる。
 ブリティッシュコロンビア自由党は、連邦自由党と連邦保守党による連合体である。クラーク首相は自由党系に属し、党首選を最後まで争ったケビン・ファルコン氏は、保守党系のリーダー格である。クラーク首相はファルコン氏を、副首相兼財務大臣として閣内に残した。党首選で3位となったジョージ・アボット氏も、文部大臣として再入閣した。だがHST導入の責任者として不評をかったコリン・ハンセン財務大臣は、閣外に追われた。また、キャンベル前首相に近いモイラ・スティルウェル氏も入閣しなかった。いっぽう、党首選でクリスティ首相を唯一当初から支持していたハリー・ブロイ氏は、初入閣を果たした。

 クラーク首相にとっての当面の課題は、補欠選挙を行い州議会に自身の議席を持つことである。キャンベル前首相のバンクーバー-ポイントグレイ選挙区が欠員になるので、首相はここに出馬するものとみられている。
 そして、6月24日に予定されているHSTの是非をめぐる住民投票が、「首相ママ」にとっての最初の大きなヤマとなる。


★クラーク内閣閣僚名簿
総理:クリスティ・クラーク
副総理兼財務:ケビン・ファルコン
先住民問題:メアリ・ポラック
高等教育:ナオミ・ヤマモト
農務:ドン・マクレー
司法長官:バリー・ペンナー
児童と家族発展:メアリ・マクニール
コミュニティ・スポーツ・文化向上:アイダ・チョン
文部:ジョージ・アボット
エネルギー及び鉱山兼住宅担当:リッチ・コールマン
環境:テリー・レイク
森林・土地・天然資源:スティーブ・トムソン
厚生:マイク・ド・ジョン
雇用・観光・イノベーション:パット・ベル
労働・市民サービス・開かれた政府:ステファニー・カデュー
公共安全兼司法次官:シャーリー・ボンド
社会開発兼多様文化担当:ハリー・ブロイ
運輸及びインフラ:ブレア・レクストローム


写真:スティーブン・ポイント副総督(右)に宣誓するクリスティ・クラーク新首相(左)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る