So-net無料ブログ作成

世界最大の金貨を3.6億円で落札 [経済]

PN2010062601000349_-_-_CI0003.jpg カナダで5枚だけ鋳造された世界最大の金貨(直径53センチ、厚さ3センチ、重さ100キロ、額面100万カナダドル)が6月25日、ウィーンでオークションにかけられ、スペインの大手貴金属商OROディレクトが327万ユーロ(約3億6千万円)で落札した。
 巨大金貨はエリザベス二世のほか、アラブ首長国連邦の投資家らが所有している。今回の金貨は、オーストリアの投資グループAvWが保有していたが、グループ代表が詐欺容疑で摘発され、今年5月に破産したことに伴い、売りに出された。
 貨幣は通常、金属としての価値以上の額面価値を発行元が保証するものだが、このメープルリーフ金貨は、額面が金属としての価値の4分の1しかない。競売開始価格は、同日の金相場から算出した材料原価だった。

【参照】世界最大、額面100万ドルの金貨を発行
http://blog.so-net.ne.jp/canadian_history/2007-05-05
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る