So-net無料ブログ作成

「カナディアンマン」姿でアザラシ猟に抗議 [環境]

peta_tokyo_bodypaint12.jpg PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)メンバーの女性が3月24日、東京のカナダ大使館前で下着姿で、アザラシ猟への抗議デモを行った。
 デモを行ったのは、カナダ人のアシュリー・フローノさん(23)。彼女が身につけていたのはパンティとブラジャーとハイヒールだけで、ほぼ裸に近い状態に赤と白の塗料でカナダ国旗のボディペイントを施した姿は、さながら「カナディアンマン」そのもの。この日はあいにくの雨で、フローノさんは傘をさし寒さをこらえながら「血塗られたアザラシ虐殺をやめろ」と訴えた。
 カナダ大使館では3月24日と25日に、「カナダ留学フェア2010春」を開催している。フローノさんは「留学を希望する学生たちの多くは、このような残虐行為を推奨するような国には行きたくないと思うことでしょう」と語った。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る