So-net無料ブログ作成

「貧困オリンピック」イーストサイドで開催 [バンクーバー五輪]

3530517 低所得者が多いバンクーバーのイーストサイドで2月7日、貧困オリンピックが開催された。ホームレスや低所得者など約500人が参加し「富める者のための五輪より、貧しい者への支援を」と訴えた。
 「住宅争奪ハードル走」は、ホームレスがハードルを乗り越えてゴールの家を目指す競技だが、「仕事を探せ」などと役所の担当者が行く手を阻む。「約束破りスラローム」は、ハーパー首相やブリティッシュコロンビア州首相に扮したスキーヤーが「福祉政策の充実」などと書かれた旗門を避けて進む競技である。
 聖火リレーを仕切ったトリッシュ・ガーナーさんは「裕福な人たちのためのわずか2週間余りのイベントに、州は70億ドルものお金を浪費している」。バンクーバー市議のエレン・ウッズワース氏は、五輪組織委員会がホームレスに2千戸の住宅を用意するという約束を実現していないことを挙げ、「五輪が終わったら、同じぐらいのお金を福祉や住宅政策に費やさないとダメだ」と話した。
 地元の支援団体によると、市内のホームレスは約2300人。五輪を前に7軒のシェルターが建てられたが、どこも満室状態だ。別の支援団体は、不況に加え、気候が穏やかなバンクーバーで冬を越そうと、各地から流入するホームレスが多いと説明する。


写真:バンクーバー・オリピックのマスコット「クワッチ」を倒す「貧困オリンピック」マスコットのゴキブリ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る