So-net無料ブログ作成

クラークソン前総督、ジャン総督のパフォーマンスに無関心 [先住民]

 ミカエル・ジャン総督がアザラシの心臓を生で食べたことは、大きな反響を呼んでいる。エイドリアン・クラークソン前総督は5月31日、ジャン総督のパフォーマンスについてコメントを求められると、
「私は、可愛いらしいアザラシのコートを持っているわ。1971年から、生の食べ物も食べています。私にとっては、何も新しいことじゃないわ」
とそっけなく語った。

 また、ジャン総督がロッキー山脈とコースタル山脈を混同した発言について、今後総督に推挙される人は、マッケンジー川の位置や、徴兵危機や、マニトバ学校問題や、カナダの芸術家の名を挙げる口頭試問を実施すべきだと述べた。両者とも元CBCジャーナリストだが、クラークソン前総督がカナダをくまなく巡ったのに対し、ジャン総督はほとんどケベックだけで活動していた。
 ジャン総督は、クラークソン発言についてこうコメントした。
「人は、その人自身の経験から始めます。私がこの国に持ってきたものは…私自身の物語でした。私たちは、どんな人でもそうすることができる国に暮らしています。それゆえ私たちは、自分の属性に基づいて生きることが大切なのです。属性は、マッケンジー川がどこにあるかを言える能力より、はるかに大切なものです。」
 グローブ&メイル紙のコラムニストであるマーガレット・ウェントは、ジャン総督が今回のパフォーマンスで熱狂的に支持されているのを、クラークソン前総督は嫉妬しているのだろうと指摘した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る