So-net無料ブログ作成

カナダ五輪委、アザラシ革ユニフォームを拒否 [環境]

 欧州議会におけるアザラシ製品禁輸措置の衝撃覚めやらぬ翌5月6日、カナダの下院は、2010年に開催されるバンクーバー・オリンピックにおいて、連邦政府に対しアザラシ製品の宣伝に努めるよう求めるとともに、カナダ・オリンピック委員会に対し、選手のユニフォームをアザラシの革で作るよう求める動議を、「全会一致」で採択した。

 先住民団体「イヌイット・タピリート・カナターミ」(ᐃᓄᐃᑦ ᑕᐱᕇᑦ ᑲᓇᑕᒥ/イヌイット協会)のメアリ・サイモン代表も、オリンピック委員会がイヌイットの石の道標「イヌクシュク」をオリンピックのロゴに採用したことを指摘し、オリンピック委員会に対し「我々の文化も含めてイヌイットを最後まで支援すべきだ。そしてアザラシ猟も、我々の文化だ」と語り、動議を支持した。
 しかし、カナダ・オリンピック委員会のクリス・ラッジ会長は「我々はカナダ人の権利を尊重するし、政治家がこのような議論に関与することを尊重する。しかし社会的・政治的な問題に関与することは、オリンピックやオリンピック・チームの役割ではない」と述べ、提案の拒否を表明した。


【参考】
http://blog.so-net.ne.jp/canadian_history/2006-03-04
http://blog.so-net.ne.jp/canadian_history/2006-04-08
http://blog.so-net.ne.jp/canadian_history/2009-05-08
http://blog.so-net.ne.jp/canadian_history/2009-05-10
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る