So-net無料ブログ作成

緑の党メイ党首落選、議席ゼロに [2008年下院選]

 緑の党のメイ党首は、ノバスコシア州セントラル・ノバ選挙区において1万2620票(32.2%)に終わり、1万8239票(46.6%)を獲得した保守党のピータ・マッケイ候補(国防大臣)に敗れた。そして緑の党の候補者は、唯一の現職ブレア・ウィルソン議員も含め全員が落選した。
 メイ党首は選挙事務所で言った。「今夜ここにいるみなさんは、国民に注目される変化を作りました。正しい理由のゆえに、正しいことをするために。」
 メイ党首は2006年にはオンタリオ州ロンドン選挙区の補選に出馬し落選しているが、年老いた父親と暮らすためノバスコシア州に留まり、補選か次の総選挙に備えるという。
 聖フランシス・ザビエル大学で政治学を教えるジム・ビッカートンは、党の基礎を築くため、メイ党首が議会の外に残るのはよいことかもしれないと語った。
「彼女は、今まで誰にもできなかったレベルにまで党を導いてきたじゃないか。私は、緑の党はこの国に定着したと思う。」
 彼女は選挙期間中、化石燃料で飛ぶ飛行機を避け、鉄道で大陸を横断した。テレビ討論での彼女の元気なパフォーマンスは、党の支持率を最高で13%にまで押し上げた。投票日には、他人の母親を投票所に行かせるためベビー・シッターまで引き受けた。緑の党は議席を得られなかったものの、2006年に記録した得票率4.5%を上回る6.8%の得票を得た。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

著者へのご意見
canada_de_vow★yahoo.co.jp
★を@に変えて下さい。
メッセージを送る