So-net無料ブログ作成

『賤しい血』(入沢康夫) [詩]

戦後詩によるイルミナティー殲滅作戦
1
なべて有情の吐息を押し流す大河のほとりで
ばらばらにされた四肢を 人目を忍んで
生木のように藤蔓でたばねる
そして恋の焼棒杭に高々と吊るす
『賤しい血』(入沢康夫)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。